ニュース
» 2013年10月24日 11時00分 UPDATE

ディルバート(330):自ら作った問題を解決するのは成果と言わない

ウォーリー、君の成果はゼロだよ、ゼロ!

[スコット・アダムス,ITmedia]

r330_01.jpg

ウォーリー、ワシの弟のフィルだ。光源不足の王子


r330_02.jpg

こいつにお前の今期の成果を解釈してもらおうと思って


r330_03.jpg

君たちが成果と称するものが25個ある


r330_04.jpg

そのうちの8個は何かを実行したプロジェクトに単に所属していただけ


r330_05.jpg

9個は自らが生じさせた問題を解決しただけ


r330_06.jpg

5個はただのバズワードで意味がない


r330_07.jpg

そして3個は君が別物に見えるように名前を変えただけの重複だ


r330_08.jpg

ヤツの臓器を売り飛ばすことを薦めるが、そもそも使えないかも

そこまで意地悪を言わなくても


  


 初登場「光源不足の王子」であるフィルは、「闇の番人、堕天使ルシファー」の簡易バージョンということで、ボスの弟でありながら、微罪を罰するのが仕事らしいです。究極の怠け者、ウォーリーに手を焼いたボスが投入した最終兵器なのでしょうか?

 Organ harvestとは、harvest「収穫する」という意味から、移植用の臓器を摘出することです。“The doctor harvested organs from the certified brain dead”(医者が脳死患者から移植用の臓器を摘出した)と使います。

 “That’s just mean”は、暴言を吐かれたときや、身もふたもない避難を浴びたときに「何でそんなこと言うの?」と返すような表現です。ウォーリー、「収穫」されたくなかったら、ちっとは真面目に仕事をせい!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ