ニュース
» 2014年01月23日 10時30分 UPDATE

ディルバート(341):Google Glassで会議を盗撮!?

「お互いに尊敬の念を持つこと」が大事だと社長。おっしゃる通りなんですが、言ってることとやってることが矛盾してませんか…?

[スコット・アダムス,ITmedia]

r341_01.jpg

お互い尊敬の念を持つことで初めて成功できる


r341_02.jpg

おまえ、Google Glassを使ってこれを録画してるのか?

はぁ?


r341_03.jpg

社外秘ミーティングを録画するなんて、お前なんかクビだ!


r341_04.jpg

さっさと荷物をまとめろ、この役立たずのゴミが!


r341_05.jpg

これが最後の給料だ!


r341_06.jpg

これは私の通常のメガネです


r341_07.jpg

その上でお尋ねしますが、先ほど尊敬の念がどうとかこうとか?


r341_08.jpg

四つ目よ、落ち着け。まだ終わってないぞ


  


 Google Glassをはじめ、時計、指輪などのウェアラブル端末が今年の新たな流行になるらしいですが、Google Glassと通常の眼鏡の区別もつかない社長こそ、眼鏡が必要なのでは!?

 Four eyesとは、文字通り「四つの目」ということで、眼鏡をかけている人に対して使う侮辱した表現です。ただし、“Four eyes are better than two/ Four eyes see more than two”という慣用句は、眼鏡をかけた人を指すのではなく、一人よりは二人のほうがよく見える/良い考えが浮かぶ、という意味で、日本語でいう「三人寄れば文殊の知恵」を意味します。

 そのほか、eyesを使った慣用句として、“all eyes(I’m all eyes)”というと、「全身が目」、つまり目を皿のようにして注視すること、“not bat an eye”というと、まばたきをしない、つまり何か悪いことが起っていても動じないことを表します。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ