ニュース
» 2014年09月04日 11時00分 UPDATE

ディルバート(366):余計なおせっかい?

本来ボスはリーダーシップ論やマネジメント論が大好きなはずですが、部下に言われると癪に障るんですかね…?

[スコット・アダムス,ITmedia]

r366_01.jpg

リーダーがしなくてはならない10の事柄に関するリンク届きました?


r366_02.jpg

成功者の9つの習慣という記事も送りました


r366_03.jpg

成功者の時間管理に関する記事も送りました


r366_04.jpg

僕のリサーチによると、良いリーダーになるためには1万7429の技が必要らしいですよ


r366_05.jpg

多く感じるかもしれないですけど


r366_06.jpg

毎年10個の技を習得すれば、定年までに1.2%能力が上がるってことです


r366_07.jpg

何でお前とこんな話をしなきゃいけないんだ!!


r366_08.jpg

「聞く技術」をリストに加えておかないと


  


 あら、ボスはこういった成功の秘けつみたいな手のモノは大好きだと思ってましたけど。ウォーリーに言われるとムカつくのでしょうか?

 ボスがよく読んでいると思われる「tips on being a good boss」(良いボスになる秘けつ)や「travel tips」(旅行のヒント)など、秘けつやヒントのことをtipsと言います。tipとは、本来何かの先、つまり「先端」を意味します。例えば、“tip of the iceberg”と言えば「氷山の一角」、また、“His name is on the tip of my tongue”と言うと「彼の名前がここまで(舌の先まで)出かかっているんだけど、思い出せない」という慣用句で使います。

 また、ホテルでサービスしてもらったときのチップもこのtipです。“Don’t forget to tip the bell boy for bringing the luggage”(荷物を運んでくれたベルボーイにチップを渡すのを忘れないように)。なお、ギャンブルなどで使うチップ(chip)とは綴りが違いますので、お間違えのないように。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ