ニュース
» 2014年09月11日 13時00分 UPDATE

ディルバート(367):商品を買わせることが客のため?

CEOの解釈だと、顧客志向というのはどうやらマキャヴェリズムのことを指すようですよ。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r367_01.jpg

我が社の戦略に対して意見がある者は遠慮なく言え


r367_02.jpg

もっと顧客本位になるべきでは


r367_03.jpg

値段を上げろと?

顧客のニーズにもっと注目すべきという意味です


r367_04.jpg

我々が独占して彼らに必要とされろ、と?

い、いや


r367_05.jpg

彼らの必要なものが何なのか突き止めて提供すべきです


r367_06.jpg

彼らは我々の商品を買うことが必要なんだ

必要ないと思いますよ


r367_07.jpg

じゃあ、お前は心理操作を使ったマーケティングキャンペーンで、うちの商品が必要であると顧客に思い込ませろと言っているんだな


r367_08.jpg

やっと良いアイデアを考えついたじゃないか

話すのをやめます


  


 ふむ。顧客中心主義も言い方を変えればマキャヴェリズムになるんですね。「目的のために手段を選ばない」とは、さすがCEO!

 Manipulationとは「操作する」ことです。a manipulative personと形容詞として使うと、他人を巧みに操作して思い通りに動かす人のことを指し、日常会話などでもよく使います。また、そのように人を操作したり、意のままに操ることを“twist one’s little finger”とか“wrap somebody around your little finger”と言います。例えば、女性が男性を手玉に取ったときに“She has him wrapped around her little finger”と表現します。ウォーリーとボスのやり取りを見ていると、ウォーリーの小指に巻き付いているのがボスに見えたりしません?

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -