連載
» 2009年10月02日 12時00分 UPDATE

ディルバート(139):成果不足は泥棒のせいに

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62399.jpg

そろそろ騒ぎを起こすタイミングだな


r302_62399.jpg

テッドが盗みを働いていると思います


r303_62399.jpg

最近オフィスで探し物が見つからないことありませんか?


r304_62399.jpg

うむ、まぁな

テッドがビル内にいるときに限って起こるんですよ


r305_62399.jpg

それに先日あいつ新しい靴下履いてましたよ。最近靴下をなくしませんでしたか?


r306_62399.jpg

あいつ、俺の家の中にまで入ったのか!?


r307_62399.jpg

それか、奥さんと何らかの関係があるのか


r308_62399.jpg

テッドのやつ……

僕の成果不足なんてたいしたことじゃないでしょう


  


 ウォーリーもほどほどにしないと、いつかしっぺ返しを食らいますよ!

 “stir the soup”は直訳すると「スープを混ぜる」という意味です。そこから派生して「わざわざ騒ぎを起こす」という意味を指すことがあります。似たような表現で“stir a hornets' nest”は「蜂の巣をつついたような騒ぎを起こす」、また、“make a ruckus”や“raise a ruckus”は「騒ぎを起こす」「暴れる」という意味です。

 そんなウォーリーにかける言葉といえば、「寝た子を起こすな」ですが、英語では“Let sleeping dogs lie!”といいます。今度無用な騒ぎを起こしそうな同僚がいたら、そういってみてください。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ