連載
» 2009年10月16日 12時00分 UPDATE

ディルバート(141):ボスが念には念を入れるとき

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62501.jpg

新しいソフトが給与データを削除してしまうリスクはないのか?


r302_62501.jpg

えーと……ありません

業者にその質問をしたか?


r303_62501.jpg

いやぁ、してませんが……

じゃあ、大丈夫かどうか分からんだろう


r304_62501.jpg

給与管理は外注してるので、そもそもわれわれのサーバ内に給与データはありませんよ


r305_62501.jpg

インターネットではどれもこれもつながっているんじゃないのか?


r306_62501.jpg

つまり外注業者に対して、彼らのソフトがわれわれの給与データをはるばるネットを介して探し出し、破壊してしまうかどうか聞けってことですか?


r307_62501.jpg

そして彼らが「はい」って返事するとでも?

念には念を、だ


r308_62501.jpg

[後日]

そうですね。ときどき起こります。あなたが聞いてきた初めての人ですよ

(最悪)


  


 珍しく、ボスの失敗を恐れる保身が功を奏したようですね!?

 shoot me(in the face)は、「(自分を)打ってくれ」という自虐的な表現で、何か恥ずかしい失敗をしたときなどに使います。ボスが正しかったことが相当悔しかったのでしょう。ただし、so shoot meといった場合「どうでもいい」「打てるものなら打ってみろ」と開き直った表現に変わりますので注意してください。

 ボスのセリフ、“better safe than sorry”=「念には念を入れる」には、ほかにも“prevention is better than cure”=直訳すると「治療より予防が勝る」、つまり「転ばぬ先の杖」などの表現があります。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ