連載
» 2009年10月27日 12時00分 UPDATE

ディルバート(147):プロセス改善は隗より始める?

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62836.jpg

今日はワークフローを向上させる方法について議論する


r302_62836.jpg

知ってのとおり、よいプロセスはよい社員の代わりとなる


r303_62836.jpg

究極の目的は、プロセスをできる限り簡略化し……


r304_62836.jpg

ニワトリであったとしてもエサを与えれば、君たちの仕事ができるようにすることである


r305_62836.jpg

まず、新プロジェクトの予算獲得のプロセスについて話そう


r306_62836.jpg

このプロセスのどこかに、例えばくちばしで鈴を鳴らせばできる仕事はないか?


r307_62836.jpg

ありますよ。あなたがやる部分


r308_62836.jpg

このプランにはなんか欠陥がある

「エサ〜」


  


 ボス、自爆しましたね。いま話題の「事業仕分け」で自分の業務が「廃止」されないように気を付けて!

 Wrinkle in the planとは、例えばきれいにシャツをアイロンしたつもりが、思わぬところにしわが残っていた、――つまり完璧と思われたプランに欠陥/落とし穴がある、という意味です。使い方の例は“The only wrinkle in the new company health care plan is that employees over 50 and single are not included”(=会社の新しい保健プランの唯一の欠点は50歳以上の独身社員が含まれていないことだ)。

 それに対して「すべての問題を解決した」というときは“iron out all the wrinkles”(=しわをすべてアイロンした)。例えば、“He managed to iron out all the wrinkles in the proposed plan”(=彼は提案の問題点を全部解決できた)と使います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -