連載
» 2011年05月13日 12時00分 UPDATE

ディルバート(218):“社長の本音”は商売のタネ

[スコット・アダムス,@IT]
r301_66165.jpg

――ドッグバートのCEOインタビューシリーズ――

人間は嫌いだ


r302_66165.jpg

お宅の会社は、なぜそんなにもうかってんの?


r303_66165.jpg

全ては優秀な社員のおかげです


r304_66165.jpg

つまり「自分が給料もらい過ぎている上に無能だ」ってこと?


r305_66165.jpg

え……いや、私は彼らのリーダーです。私が指揮を取っています


r306_66165.jpg

社員がバカ過ぎて、自律的に行動できないから?


r307_66165.jpg

違う! 彼らは利口ですよ!

でも、自分ほど利口じゃない?


r308_66165.jpg

誰がこのインタビューを見るんですか?

誰も見ないよ。あんたがこのインタビュー記録を最高値で買い取ってくれればね


  


 ドッグバートもずいぶんあくどい商売を思い付きましたね。8コマ目の“bidder”とは、オークションや競争入札などの「入札者」のことで、“highest bidder”とは「最高値での入札者」という意味です。つまり、ドッグバードはこのインタビュー素材を社長に落札させる――買い取らせる魂胆なのですね。ほとんど脅しですが、社長はどうするんでしょう……。

 なお、“bid”という動詞は「値を付ける」「入札する」といった意味の他にも、「努力する」「命令する」など、さまざまな意味を持っています。例えば“a bid for election”=「当選に向けて努力する」、“I bid them to return immediately”=「即刻戻るよう命令した」といった具合です。

 また、少し古い言い回しになりますが、別れなどを「告げる」「述べる」という意味合いもあり、“I bid you farewell”=「さようなら」、“I bid you welcome”=「歓迎します」と使う場合もあります。

 でも、今回も少し見方を変えてみると、ドックバートの切り返しはなかなか鋭いと言えそうですね。この社長はどうか分かりませんが、世の中には従業員のことをこんなふうに考えている社長って、案外多そうですものね。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -