連載
» 2011年12月02日 12時00分 UPDATE

ディルバート(246):転職理由を隠さなければ、転職先に早くなじめる

[スコット・アダムス,@IT]
r301_67154.jpg

世界的な発明家を雇ったぞ


r302_67154.jpg

トビーだ。われわれのライバル企業に勤めていた時、奴らの最高の商品を発明したんだ


r303_67154.jpg

チームのメンバーだっただけですよ

主要メンバーだ!


r304_67154.jpg

でも、盗みでクビになったんですよ

良い会社を選んだな


r305_67154.jpg

うちには盗むものもタンマリあるし、誰もつかまらん


r306_67154.jpg

ボスの頭を真ん中に、ハイタッチお願いします!


r307_67154.jpg

バチッ!


r308_67154.jpg

これ、ボクが唯一発明したものなんです

もう、うちの倉庫は見たか?


  


 何だかトビーはウォーリーと気が合いそうですね。でも二人とも、会社の備品を盗むのは犯罪ですよ!

 “Cool product”の“cool”は、「カッコいい」「素晴らしい」「イケてる」などの褒め言葉として使われています。以前までは主に若者が使っていましたが、最近では世代を問わず使っていますよね。でもそうした使い方だけではなく、ちょっとひねった表現をするときにも使います。

 例えば、“You hate my guts? I'm cool with that”=「俺の根性が嫌いだって?上等だ」と使えれば上級者。さらに別の例として、「頼まれた資料整理終わりました」=“I finished sorting the documents”と同僚に言われた時に、「ありがとう」「助かる」「よくやった」というニュアンスを込めて“OK, cool”と言ったりします。

 また、あまり一般的ではないですが、オーストラリアの若者が使っている俗語として“cool bananas”という表現もあります。いわゆる“fine”と同じような意味で「万事OK」とか「うまくいってる」「バッチリ」という意味です。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ