連載
» 2012年04月27日 12時00分 UPDATE

ディルバート(265):「危機感を持て」と迫る上司には知力も決断力もない

[スコット・アダムス,@IT]
r301_67809.jpg

君はスタッフに危機感を植え付けなければいけない


r302_67809.jpg

ギャアアア! われわれの技術基盤が陳腐化してしまった!


r303_67809.jpg

もう一度、恐怖感を減らしてやってみろ


r304_67809.jpg

もうダメだ。なのに、ワシはちっとも心配していない


r305_67809.jpg

それ、ちょっと不気味な雰囲気を醸しているな


r306_67809.jpg

危機感とは、「おびえ過ぎて行動できないこと」と、「アホ過ぎて何をすべきか分からないこと」の中間だな


r307_67809.jpg

ぎゃあああ!ダー!


r308_67809.jpg

イマイチ表現できてないな

これがリーダーシップだ!


  


 こんな顔をした上司に迫られたら、部下はみんな逃げ出しそうですね……。でも言われてみれば、決断する勇気がないのか、何をすべきか分からないのか、いつも危機感たっぷりな表情をしている上司って、わりと多いような気がします。

 5コマ目の“vibe”とは“vibration”=「振動」の略ですが、最近は感覚や感情を表すときにも使われており、「ウマが合わない」を“bad vibes”、「感じがいい」を“good vibes”と言ったりします。例えば、“I can feel the hate vibes coming from that colleague”=「あの同僚からは憎しみの感情を感じる」などと使います。

 8コマ目の“thread the needle”とは、文字通り「針に糸を通す」ことですが、そこから転じて「困難を成し遂げる」ことを意味しています。新聞記事などで“The ruling party is still trying to thread the needle on child support bills”=与党は(まだ賛同を得られていない)子供助成法案を通そうとしている」といった使い方をしているのをわりとよく目にします。でもドッグバート、ボスを淡々と指導しているようで、この表現を使ったということは「実現困難な無理難題を押し付けている」っていう自覚があるんでしょうかね。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -