連載
» 2012年08月31日 12時00分 UPDATE

ディルバート(282):iPhone5には思考を撮影できる機能が付く

[スコット・アダムス,@IT]
r368309_01.jpg

次に出るiPhoneは20メガピクセルのカメラ付きって噂だよ


r368309_02.jpg

――トッパーのハイジャック――

そんなのたいしたことないよ


r368309_03.jpg

電話を頭にかざして、思ってる事を撮影できるって話だよ


r368309_04.jpg

でも、それもたいした機能じゃないんだ


r368309_05.jpg

次の電話はタイムマシンって話だよ


r368309_06.jpg

未来から来たボクだぞ


r368309_07.jpg

ボクは宇宙一のハンサム男さ

ボクだってそうだよ


r368309_08.jpg

ボクの方がボクを愛しているよ

あいつを見ている限り、アンドロイド携帯にした方が良さげだな


  

 iPhone5について、ネット上でもいろいろな噂が飛び交っていますが、ここまでむちゃくちゃな噂を流す人は、いつも突飛なことばかり言っているトッパーくらいでしょうね。でも噂が過熱する一方で、その過熱ぶりを冷めた目で見ているウォーリーのような人も少なくないのかもしれませんね。

 8コマ目の“make a good case”は「うまく説明する」「うまく正当化する」という意味で、弁護士が「法廷の案件」=“case”において、論理的に主張をする様子に由来する言い回しです。例えば、“He makes a good case for using Mac rather than Windows”=「WindowsよりMacを使った方が良いという彼の主張には説得力がある」といった具合に使います。8コマ目のウォーリーのセリフは、「Android携帯を買った方が良いことをうまく説明した」を意訳して、「あいつを見ている限り〜」としました。

 ちなみに、これが“make a case”だと、「論理的に自分の言い分を述べること」を意味します。例えば、“ Make a case to my boss”=「上司に主張してくる」といったように使います。


[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -