連載
» 2012年09月26日 10時58分 UPDATE

ディルバート(118):経費削減アイデアとテッドのクビの関係は?

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301-3.jpg

経費削減のアイデアが欲しい


r302-3.jpg

無料コーヒーの復活は?


r303-3.jpg

それじゃ経費削減の逆じゃないか

ほんとに近視眼的ですね


r304-3.jpg

自分でコーヒーを買うとなると、それほど飲まない


r305-3.jpg

それだけ注意力が欠けて、生産性も半減する


r306-3.jpg

私に無料コーヒーをくれれば、あなたはテッドをクビにして得をする


r307-3.jpg

以上です


r308-3.jpg

テッド、すまん。ウォーリーのいっていることには説得力がある

(すやすや)


  

 珍しく、ボスとウォーリーの意見が一致したようですが、テッドはたまりませんね。

 “I rest my case.”は、通常法廷で弁護士などが最終弁論を済ませたときなどに発する言葉で、「いうべきことをすべていいました」ということから「これで弁論を終了します」ことを意味します。日常会話では、発言の終了以外に、他人がいったことが自分のいいたかったことをすべて代弁してくれたとき、また自分の主張が立証されたときなどにも使います。

 例えば、“Your comments say it all. I rest my case.”(「君がいっていることがすべてだ。私はいうことはない」)。今回のウォーリーの使い方は、単に発言の終了を指しているので、日本語でよく使う「以上です」と訳してみました。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ