ニュース
» 2013年04月18日 08時00分 UPDATE

ディルバート(306):のんびり屋さん

2カ月前に発注した仕事が「まだ手つかず」だなんて……。このシステムが完成する日は来るのでしょうか。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r306_01.jpg

君に頼んでおいたインタフェースの変更を見るのが楽しみだ


r306_02.jpg

前回打ち合わせしたのが2カ月前だから、そろそろ終わっているはずだ


r306_03.jpg

まだ始めていません


r306_04.jpg

いくつか質問があったんです

次回の打ち合わせ時に聞こうと思って


r306_05.jpg

その間、毎日僕を怒鳴りつける人の仕事だけをやっていました


r306_06.jpg

マイクロマネジメントはよく非難されますが、僕には必要だと思います。大きい声では言えませんが


r306_07.jpg

分かった……。じゃあ、来週までには仕上げてくれるよな?


r306_08.jpg

(質問のことを尋ねておけば良かったんだろうなぁ)


  


 この様子では来週もインタフェースの変更が完成しているようには思えませんね……。

 このように何事も先送りすることを“procrastinate”と言います。“Don’t procrastinate!”「ぐずぐずしないで(さっさとやれ)」と言ったり、またそうする人を“He’s a terrible procrastinator”(あいつはすぐ仕事をしないヤツだ)と言います。「ぐず」な人というと、やろうとしても要領が悪くてできない人などを指しますが、procrastinatorと言った場合は、要領の悪さよりは「怠け者」のニュアンスの方が強いです。

 “I’m not too proud to say”は「自慢ができないことを」言うことで、ここでは「大きな声では言えませんが」と訳しました。自分の行為についてできれば言いたくないけど、人に語らざるを得ないときなどは、“I’m not proud about it, but”(決して自慢できることではありませんが)と言います。しかしまあ、マイクロマネジメントを好む社員を見たのは初めてですよ!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -