ニュース
» 2013年07月04日 09時30分 UPDATE

ディルバート(316):今年のボーナスは無しだ!

顔も見たことのないマーケティング担当者が大失態。よってエンジニアのボーナスは無しって、少々理不尽な気もしますが……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r316_01.jpg

今年の君たちのボーナスはいつもの方式で計算される


r316_02.jpg

50%はただの運


r316_03.jpg

残りの50%は君たちが出会ったこともない人々の成果に基づいている


r316_04.jpg

今年は運が良かったようだ。我々の業界は大きな一般消費者の需要を経験している


r316_05.jpg

しかし、あいにく君たちの出会ったことのない人々がマーケティングの仕事をウマくやらなかったため、売り上げは最悪


r316_06.jpg

よって君たちエンジニアは罰せられなければならない。ボーナスは無しだ


r316_07.jpg

幸運なことに、私のボーナスは、君たちのようなアホをどれだけボーナス無しで一生懸命働かせられるかで決まる


r316_08.jpg

自慢はしたくないが、ウマく行っているような気がする


  


 う〜ん、ディルバートたちの表情を見る限り、ボスも今年はボーナス無しなのでは?

 自慢することは“brag”や“boast”を使い、自慢する人のことを“braggart”といいます。ただ、どちらも良いニュアンスでは使われません。それに対して“take pride in”という表現は、同じく自慢することでも肯定的な意味合いがあります。例えば、“He takes pride in his work”(彼は自分の仕事に自信がある)などです。また「自分を褒めたい」というときには、“pat myself on the back”(自分の背中を(よくやったと褒めて)たたく)という表現を使います。

 あまり遭遇することのない単語に“rodomontade”があります。要するに、自慢をすることですが、語源はイタリアのRodomonteというアルジェの王様の物語です。その物語が彼の傲慢な態度によって引き起こされた一連の出来事に関するものということから、rodomontadeを「自慢すること」という意味で使うようになりました。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -