ニュース
» 2013年10月03日 11時30分 UPDATE

ディルバート(327):うそくさい研修

「SQLデータベースのインターネットワーク最適化のためのスクリプティング構造上級」って、一体どんなトレーニングなのかしら……?

[スコット・アダムス,ITmedia]

r327_01.jpg

今週はトレーニングクラスに出席してたから、何も達成していません


r327_02.jpg

トレーニングの費用など承認しとらんぞ

ベンダーが払ってくれたんです


r327_03.jpg

お前、許可をもらいに来ていないだろう

私は積極的で、権限も与えられています


r327_04.jpg

そのクラスとやらの名前は?


r327_05.jpg

SQLデータベースのインターネットワーク最適化のためのスクリプティング構造上級です


r327_06.jpg

うそっぽいな

私を信用してくれないのなら、仕事はできませんよ!


r327_07.jpg

私の抜本的な役立たず度と積極性の組み合わせ、君は気に入ってくれたかい?


r327_08.jpg

なんだか気分がいいんだ

もっと積極性が必要かもよ


  


 このボスとウォーリーの果てしない戦いはいつまで続くのか……。でも、職場の雰囲気は二人のお陰で結構楽しいのかもしれませんね!?

 ここはウォーリーに敬意を表して「ほら吹き」を意味する表現をいくつか並べてみましょう。Big mouth(口が大きい→ほら吹き)やbig talker、braggadocioなどはまだ上品な表現で、そのほか、fat mouth、gasbagなど多数。大言壮語、大風呂敷を広げることを意味するrodomontadeとは、そもそも自慢ばかりしていたアルジェの王様の名前、Rodomonteが語源です。

 また、前出のbraggadocioは、作家であるエドモンド・スペンサーの有名な1590年のおとぎ話「Faerie Queene」に登場する虚栄心の権化、Braggadocchioからきています。ほら吹きは大昔からどこにもいるということですね。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -