連載
» 2012年08月24日 12時00分 UPDATE

ディルバート(281):昇給の話をごまかせてこそ、管理職として一人前

[スコット・アダムス,@IT]
r368284_01.jpg

君の昇給は認められない。ワシの給料より高くなるからな


r368284_02.jpg

それのどこが問題なのか分からないわ


r368284_03.jpg

アリス、その点についてきちんと説明させてくれ


r368284_04.jpg

もしもワシより給料が良くなったら……


r368284_05.jpg

君の対価がワシより高くなるわけだ


r368284_06.jpg

そんなの理由にならないわよ、この無能なバカ猿が!


r368284_07.jpg

じゃあ、これはどうだ。ワシの方が頭がいいから給料が高い

ギャアア!


r368284_08.jpg

物事に対する理由がない時の言葉って、直感なのかな? それとも、ただの常識なのかな?


  

 いつもは気が強いアリスも今回は対抗策がなかったようですね。それにしても、この適当にごまかして昇給を拒否するノウハウは、そう簡単にまねできるものでもなさそうです。もちろんこんなのは昇給を拒否する正当な理由になどなりませんが、しれっと断ってしまう辺り、もしかしたらボスはコストカットにかけては何らかの才能があるのかもしれませんね。

 6コマ目の“Baboon”とは動物の「ヒヒ」のことですが、人に対して言った場合は「愚か者」とか「乱暴者」といった意味になります。相手を罵倒する際に使う表現ですが、最近はあまり使われていないようですね。

 なお、このように“You baboon!”などと叫んだり、人の悪口を言ったりすることを“call people names”とか“call people cursing”と表現します。例えば“The girl came back from school crying, saying people called her names”=「その女の子は学校で悪口を言われたと、泣いて帰ってきた」とか、“Stop cursing like him”=「彼のような口汚い言葉遣いはやめろ」といったように使います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ