連載
» 2012年11月16日 12時00分 UPDATE

ディルバート(293):心乱される質問

[スコット・アダムス,@IT]
r368574_01.jpg

ちょっと技術的な質問に答える時間はあるか?


r368574_02.jpg

女房が妹に会いに行ってて留守なんだ


r368574_03.jpg

自分がいない間にクリスマスのライトを飾っておいてくれっていうんだ


r368574_04.jpg

そこでホームレスの男を雇って作業させたんだけど、屋根から落ちやがったんだ。女房が戻る前にヤツを処理する一番手っ取り早い方法はなんだ?


r368574_05.jpg

あなたの質問は心乱されますが、技術的ってところに興味を覚えます


r368574_06.jpg

これが自宅で作れる「カタパルト」の設計図です


r368574_07.jpg

で、これが隣の家のプールへの最も効率的な飛行ルートを示す衛星地図です


r368574_08.jpg

彼は即死だったんですか?

いや、足の骨を折っただけだ


  

 どうやら、カタパルトの作り方ではなく、電話のかけ方と病院への道順を教えたほうがよかったようで。

 カタパルトはご存知、中世の戦闘手段である投石機のことで、現代は軍事用語で空母から戦闘機などが離陸するための構造を指します。また、その勢いよく放たれる様子を意味する動詞として使うこともできます。例えば、“The passengers catapulted forward when the bus suddenly pulled the brakes”(バスが急停車したら乗客が前方に投げ出された)、“He was catapulted into the top executive post”(彼はいきなり管理職に昇進した)などと言います。

 5コマ目のdisturbは、これだけだと「邪魔をする」という意味ですが、気持ちとか感情をdisturbするというと「平穏な心が邪魔される」ということから、「不穏な」「気がかりな」という意味になります。例えば、“I saw a very disturbing photograph of war atrocities”(戦争被害を映した、とても心乱される写真を見ました)といった使い方です。そりゃ、上司から死体の処理方法を相談されたら、心を乱されて当然ですよね……!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -