連載
» 2013年01月11日 15時00分 UPDATE

ディルバート(296):守れぬ黄金ルール

ボスが新しい社内ルールを打ち立てるも、すぐさまやり込めるディルバートたち。この掛け合いも見慣れたものです……。

[スコット・アダムス,@IT]
r296_01.jpg

この黄金のルールを守れば、ここも素晴らしい職場になる


r296_02.jpg

いいか、自分が扱われたいように他人を扱え


r296_03.jpg

くだらない


r296_04.jpg

くだらなくないぞ!

では、あなたのルールを試してみましょう


r296_05.jpg

誰かがあなたに100ドルくれたら嬉しいですか?


r296_06.jpg

そりゃそうだ

じゃあ、ボクに100ドルください


r296_07.jpg

そうでなければ、自分のアホなルールすら守らない偽善者として一生を送ってください

フガフガ

フガフガ


r296_08.jpg

くっ、お前らのエンジニア魂なんか大嫌いだ!

少なくとも、今言っていることは筋が通ってますね


  


 最近連発されるボスの標語の中ではまともなほうだと思ったのですが…。またまた部下にやり込められてしまったようで。

 “snork”は、snortという動物が鼻を鳴らすことと同意語で使われているスラングです。鼻を鳴らすことから、人を小馬鹿にしたり、不満な態度とったりすることなどを強い鼻息で現すことを指します。例えば、“My wife snorted at my pledge to do the dishes”(妻は皿を洗うという私の誓いを鼻で笑った)。どちらの単語も使えますが、snortのほうが良く使われている気がします。

 鼻を鳴らしたり、蒸気が吹き出すイメージから、米国ではsnorkはマリファナを吸うことも指しますが、オーストラリアやニュージーランドでは赤ちゃんやソーセージを意味するそうです。またムーミンのキャラクターでもあるスノークは、スウェーデン語では「命令ばかりする、威張った、うぬぼれた人」という意味だそうです。フガフガ。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -