ディルバート

独身エンジニア、ディルバートの日常を描いたマンガです。305回以前のお話が読みたい方はこちらのURLからどうぞ→http://www.itmedia.co.jp/keywords/dilbert.html

ディルバート(528):

ディルバートが仕事を頼んだ同僚は、どうやらワーキングメモリがいっぱいのようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(527):

マネージャーに“人を見る目”は欲しいもの。人望も厚くなるとは思いますが、ボスの場合は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(526):

「マイクロマネジメント」のターゲットになったディルバート。で、ボスの言うマイクロマネジメントって一体なに?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(525):

ウワサをうのみにして部下を疑うボスの“悪行”は、ウワサに乗ってあーっという間に……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(524):

どうやらクレーマー社員の術中にハマってしまったディルバート。そして“モンスター上司”は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(523):

店員さんに会員プログラムを勧められたディルバート。そのやりとりは何やら怪しい雲行きに……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(522):

ボスの理不尽さには、ウォーリーのシニカルさが互角だったりして……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(521):

ドッグバートが研究する人事の資格、なかなか刺激的なラインアップのようですが、働くためには必須の能力のようで。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(520):

ウォーリーのストレス発散のターゲットにされたアシュック。でも結果オーライ的な感じで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(519):

受験に就職、出世と人生には“椅子取りゲーム”がたくさん。ときには想像もしない形で遭遇することも……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(518):

プロジェクトが終わらない理由を巡り、ボスが始めたリーダーシップ論は、ツッコミどころが満載なようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(517):

やたらと例え話をするけど、意味が分からなくて、聞いた方が反応に困る……。皆さんの職場にもそんな人はいませんか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(516):

会議資料のフィードバックを頼んだディルバート。だけど、そもそも頼んだ人は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(515):

なぜか独創的な反抗心(?)を示すロボットを直そうと、ディルバートが“希望や夢”を消去すると……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(514):

明らかに“盛り過ぎ”な話をする人っていますよね。これも一種のマウンティングでしょうか……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(513):

ついにタイムマシンのプロトタイプが完成……って、それ本当に安全なの?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(512):

プロジェクトの振り返りミーティングで初めて分かったウォーリーの仕事ぶりとは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(511):

何やらアシュックとボスの会議がもめている模様。これは期待の表れか、それともただのムチャ振りか……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(510):

チームにいろいろなタイプがそろっていると、多面的で柔軟な体制ができるとか。中には、ゆる〜い人も必要……ですよね?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(509):

書いたコードがうまく動かない!? そんなとき、誰かに客観的に見てもらうのも有効な方法ですが、ディルバートが勧める方法は……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(508):

同僚からの頼まれごとを聞いたディルバート。それに対して出てきたのは……弁護士!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(507):

専門家の説明は往々にして分かりにくいもので……というか、そもそもボスの頭の中には一体どんなプランが浮かんでいるのやら。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(506):

会議に出るのを渋るディルバート。彼にとっては、会議室に向かうだけでも一苦労のようで……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(505):

歴史的な事件から気象異常まで、世の中にはさまざまな陰謀説が出回っていますが、ディルバートが唱えるのは……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(504):

都合が悪いコトは、うま〜く誰かのせいに……みたいな? ピンチのときほど、責任のたらい回しが起きるものでして。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(503):

イヤなことがあると、引きずってしまうときってありますよね。「ぼうず憎けりゃ…」といいますか……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(502):

どうにもちぐはぐなボスとディルバートのやりとり……のはずなのに、なぜかある種の“阿吽(あうん)の呼吸”を感じてしまうのはなぜ?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(501):

梅雨とメールって、長くなるほど“実入り”が少ないものですよね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(500):

新しい技を生み出したら見せたくなる……これもエンジニアの性なのでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(499):

だったら大きい声で話すように言えばいいじゃないか、と思うかもしれませんが、そう単純な話ではないようで……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(498):

職場を悩ますジェネレーションギャップ。何とか歩み寄りながら壁を越えられるといいのですが、中には永遠に分かり合えそうにない場合も……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(497):

帰ろうとすると、なぜかシステムトラブルが発生したり、誰かにヘルプを頼まれたり――エンジニアあるあるですよね(?)。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(496):

給料の値上げ交渉をするからには、それなりの理由を提げて臨みたいところですが、アシュックの場合は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(495):

電話も会議も一切シャットアウトして自分だけのスペースにこもりたいときって、ありますよね。そのためには、少々強引な手段が必要なことも……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(494):

社内セキュリティの死角の1つといわれる、コピー機への書類の置き忘れ。ものによっては、セキュリティの危機ばかりか、社員の精神にも危機が……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(493):

見積もりはあくまで「見積もり」ですし。ま、多少はね?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(492):

余計な仕事はしたくないという気持ちは分からなくはないですが、それはそれで自分にとっても損なのでは……という話すら通じない!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(491):

ものごとをうまくたとえようとして……ってそれ全然うまくないよ! あなたの周りにもそんな人はいませんか? どうしたものでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(490):

“モンスター上司”の特徴は、都合の悪い事から逃げる、仕事や価値観を押し付ける、基本的に丸投げなどなど……。ボスなら“満点”間違いなし!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(489):

会議で食らった猛反撃にへきえき……そんなディルバートを迎えたドッグバートの言葉は、まるでブッダの“無常観”?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(488):

何やら、部下の働きぶりをちょうどいい具合に管理する“悪魔の囁き”がボスの耳に……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(487):

新人教育で“人を煙に巻く”お手本を見せるなんて、職場の困った先輩トップ3に入ること間違いなし?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(486):

主治医から一筆もらったというウォーリー。これもまあ、いつもの展開と言いますか……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(485):

「部下を動かすために上司は冷徹になるべき」と解く説もあるようですが、ボスの無茶振りについては何だか納得いかない気がするのは、なぜなのでしょうね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(484):

外国語をネイティブのような発音で話せたらカッコイイですが、そうなるための勉強は大変そう。でも、バイリンガルかと思ってもらえる別の方法があったとは(?)。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(483):

作業時間を正確に見積もるのは意外と難しいものですが、ウォーリーの場合、相手の反応次第で変わるようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(482):

融通の利かない縦割りシステム。あなたの会社にも、こういう“お役所仕事”の人はいませんか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(481):

何やら“押し”の強い同僚がディルバートのもとに“エンジニアの仕事に理解のない”仕事を持ってきたようで……。さすがのディルバードもたじたじ?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(480):

ディルバートの渾身の(多分)アイデアに理不尽な反論をぶつけてきた同僚が……。こんなときは、論理的に“お返し”するのが効果的なようですね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(479):

「最悪のシナリオ」について、ちょっと妙な質問をしてきたボス。不測の事態に備える思考法として、たまに聞く問いではありますが……ディルバートの答えはその斜め上!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(478):

どう返答をしてよいか迷うメールを受け取ったディルバート。返事を書けない理由は、聞かれても正直に言わず、“大人の対応”をしておくべきだったのかも……

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(477):

社内調査に向けて何やらこずるい“取引”をし始めたボスとディルバート。でも、そんなことしたら、“よりよい職場にするための調査”の役には立ちそうにないですね……

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(476):

会議に遅れるテッドも悪いですが、待ち時間にそんな方法で気分を晴らすディルバートもどうなんでしょうね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(475):

隣でボスが頼りにならない助言を披露しているのが聞こえてしまったディルバート。突っ込みを入れたい衝動に駆られた彼は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(474):

ディルバートの質問から逃げようと理屈を並べるボス。でも、何だかディルバートを褒めているように聞こえなくもないような……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(473):

自分の仕事をロボットに任せようとしている社長。その会社の従業員は、果たして幸せになれるのでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(472):

超人気のレストランでデートなんて、ディルバート、なかなかやるじゃないか! っていうところまではよかったけど、“女ゴコロ”とタイミングが合わなかったようで……

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(471):

突然の仕様変更で絶望するエンジニアは多いと思いますが、ウォーリーにとってはむしろ好ましいことようですね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(470):

新ビジネスの創出には、クリエイティブな発想の転換も大事。でもドッグバートのアイデアは“やりすぎ”のような……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(469):

損益計算書のポイントを部下に説明するボス。確かに会社の経営状態を知っておくのは大切なことですよね。あとはいつもの通りですが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(468):

忙しくても余裕そうな表情で働くウォーリー。職場でストレスなく過ごすためのコツがあるようですが、実際に使えるものなのかは疑問が残りますね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(467):

「やりたいことだけをやってお金を稼ぎたい」というのは、幻なのでしょうか? ディルバート流「仕事」論には、妙な説得力がありますね……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(466):

個々の作業時間を可視化するのは、評価に加えてムダな時間を割り出し、仕事の効率アップを図るのに役立ちますね。しかしディルバートの場合は、そもそも有用な作業の時間が見当たらないようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(465):

「最大多数の最大幸福」という有名な言葉がありますが、「理想は“全員の”、難しい場合は“最大多数の”最大幸福」という意味だそうです。ディルバートが身を持って味わうのは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(464):

探せば何でも出てくる“ドラえもんのポケット”のようなインターネット。意気揚々と調べ始めたものの、3時間後のディルバートは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(463):

自己啓発書か何かを読んだらしい、ボスのアドバイスにディルバートは怒り心頭? 他部署の誰かさんみたいに、うまくかわすワザを身に付けるといいのかもしれませんね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(462):

毎日のように遅刻してくる人、たまにいますよね。彼女は渋滞を理由にしていますが、本当の理由は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(461):

職場で同僚と長期目標を語り合うなんて、建設的でさわやかな光景に見えそうですが、ウォーリーのディルバートの目標は独特なようで……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(460):

将来、ロボットが人間の仕事を奪うかもしれない――そんな未来予測がありますが、ボスの場合は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(459):

1つのボタンで全部できるその“シンプルさ”の実装はディルバート苦心の作なのね、っていうのは確かに伝わります。でも、ユーザーフレンドリーかどうかは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(458):

話題の動画や面白い話、上司からそんな話を振られることってありますよね。ディルバートの場合、それは苦痛以外の何物でもないようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(457):

集中したいのに、周りがガヤガヤうるさい――オフィスの騒音って困りますよね。特にパーティションなどで仕切られた席では音の出どころが分かりにくく、不快指数が上がりそう。アリスにとっては苦痛で仕方がなかったようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(456):

せっかくデートのチャンス!? なのにディルバートったら……“素直になれない男性の心理”なのでしょうか。そんなヤツにはこんな風に迫ってみては?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(455):

プロジェクトの進み具合を左右する要因はいろいろあります。上司の采配センスのなさに一因があると言いたいときは、こんな戦法がいいのかもしれません。でも、ボスもディルバートの扱いに慣れてきたような……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(454):

一般的に、マネジメントを得意とする上司なら納得のいく評価をしてくれそうですね。でも、とんがり頭のボスの場合、独特のマネジメント論を持っているようです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(453):

要件であれば手段は選んでいられません。たとえ法を犯すものであっても……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(452):

昼ご飯は一日の中で唯一の安らぎ――そんなディルバートの考え方に共感する人も多いのでは。しかし、ボスとのバトル(?)の行く末は意外と残酷で……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(451):

性能の原因は現場にあるか、それとも……。ディルバートのイヤミが光る!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(450):

コミュニケーション力の上達講座を受けようとボスに掛け合うディルバート。しかし、ボスの様子が何だか変ですよ?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(449):

確かにアドバイスを人に与えるのは難しいものですが、その代償はあまりにも大きい……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(448):

何にでも難癖を付けてくる人っていますよね。ネットにも。そしてオフィスにも?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(447):

オフィスのIT環境を使いづらくして社員をイラつかせる人。皆さんの周りにもいませんか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(446):

ウォーリーの秀逸な話術、もっとほかに生かせる部分があるだろうに……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(445):

暴言連発の同僚に、アリスが「殺意の波動」に目覚める日も近い?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(444):

データさえあれば、気になるあの子の気持ちも分析できる……のでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(443):

ボスの管理能力のなさは折り紙付きですが、彼にとっての“管理”とは一体……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(442):

日本では「ばかは風邪をひかない」という言葉がありますが、同じような表現がないアメリカでも、同じような感覚はあるのかもしれませんね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(441):

直前でのスケジュール変更って、準備する身にとっては本当に腹が立つものですよね。世の秘書たちもこんな感じで対応してみてはいかがでしょう。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(440):

「プロジェクトが全然進まない……」なんてときに使える戦法なのでしょうか。ウォーリーが使うとイマイチ説得力がありませんが。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(439):

たまにいますよね。ハイタッチのタイミングが微妙に合わない人。勇気を出して、自分から仕掛けてディルバート!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(438):

夫婦ゲンカにありそうなやりとりですが、独り者のディルバートには難しい対応だったのかも?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(437):

陪審員として裁判に参加することになったウォーリー。妙に自信満々のわけは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(436):

個人情報が盗まれたら、テロリストの疑いがかけられた? 一体なにが起きているのか……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(435):

どうして営業って、できないことも「できます!」と元気よく言ってしまうのでしょうね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(434):

あなたの周りにもいませんか? やたらと“横文字”ばかり使う人。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(433):

ほ、ほら。これからの時代、変わらなければ死んでしまうと言いますし(震えながら)。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(432):

仕事の失敗を人のせいにするのはあまり好ましくありませんが、さすがにこれは世知がらい……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(431):

これはデスマーチに入りかけていますね(確信)。こんなことにもなりかねないので、とにかく締め切りは守りましょう……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(430):

“仕事始め”ってやる気が起きないもので……なんて、ごちゃごちゃ考えているとディルバートのように、思考の迷路のハマってしまうかも?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(429):

監視社会怖い怖い。サボりがばれると思うだけで肩身が狭くなりそうです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(428):

ははは、“たまたま”ですって。たまたま。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(427):

怒りをコントロールするアンガーマネジメント。アリスには似合わない言葉かもしれませんね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(426):

高度な人工知能やドローンなど、技術が発達すればこんな医療になる日も近いかもしれませんね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(425):

ディルバートたちのような“すれた”大人達にも、アシュックのような時期があったのでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(424):

仕事は何かしらのアウトプットをしないと“証拠”になりません。ウォーリーの場合はというと……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(423):

自虐ネタは聞いている方が辛くなることもしばしば。適量が大切ですよね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(422):

ビジネスは正解が分からない問題ばかり。これは、意外と本質を突いているかもしれませんね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(421):

人員配置はもちろん大事です。さて、ディルバートのチームはどうなんでしょうね?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(420):

社長からの戒めの言葉も、ウォーリーにとっては皮肉の的になるようで。確かに、人が見ていないときの振る舞いなんて、証明できないものではありますが。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(419):

あのウォーリーが1時間働いたなら上出来なんですかね、多分。しかしどこかで見たことのあるようなデザイン……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(418):

ボスのありがたい(?)お話で今日もディルバートの世界は平和です。ところで、皆さんは“起業家”と言ったら、どういった気質を何を思い浮かべますか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(417):

「アプリが君の人生を壊すのさ」とディルバート。仕事が人から機械やアプリにとって代わられるのはリアルな話ではありますが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(416):

仕事なら、気が合わない人と組むことだってあるでしょう。もっともアリスの場合、合う相手は少なそうですが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(415):

家族のために働くお父さんでも、ちょっぴり独身への憧れがあるものです。さて、皆さんは?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(414):

これぞ部下を動かす魔法のスローガン? ディルバートたちに通用するかは怪しいものですが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(413):

転職をするとき、現場の声は大事な判断材料です……が、この場合は聞いた相手が悪かったようですね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(412):

人間誰しも、“自分が言ったこと”は忘れてしまいがちです。気をつけないと今回のボスみたいなことになるかも?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(411):

時にストレートな表現は何よりも強い武器になりますよね。この場合は“呪文”みたいなものでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(410):

ディルバートの気持ちも分かりますが、今回ばかりはちょっとボスに同情しちゃうかも?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(409):

結局サボりたいだけじゃないか……! ってウォーリーとしては平常運転ですね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(408):

便利なのでついつい使ってしまいますが、確かにリスクはあるものです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(407):

世界はそれを「営業」と呼ぶらしいです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(406):

ああ……確かにいますよね、こういう人。単に有名と言うより、悪名高いという感じ?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(405):

そりゃ、第一印象が悪すぎるでしょうよ。ディルバート。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(404):

こういった男女の会話では、正直すぎるのも考えものです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(403):

ディルバートの会社では、従業員にプライバシーはないようで……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(402):

ただ単語を並べればいいって問題じゃないでしょ!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(401):

「そんなのはただの言い訳だ」と言われたことはありませんか? では、どこからが言い訳で、どこからが正しい理由になるのでしょうか。ボスによると……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(400):

時間の読みが甘く、自分で言った期限に間に合わなかったという経験をしたことがある人は多いはず。もっともボスの“管理”であれば、それも仕方ない気もしますが。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(399):

おなかが空くと、途端に不機嫌になる人っていますよね。草食系男子のディルバートですらそうなるようで。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(398):

“ほめて伸ばす”のが効果的な人は多いと思いますが、そうじゃない人もいるものなのでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(396):

たまには日光を浴びながらリラックスして打ち合わせ……なんてのもいいですよね。ちゃんと打ち合わせが行われるのなら、ですが。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(395):

痩せようと思えば、いつだって痩せられる……そう思っていた時期が私にもありました。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(394):

上限を超える昇給を狙って社長に直談判したディルバート。この交渉には秘策があるようですが、果たしてうまくいくのでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(393):

部下を褒めてモチベーションを上げる。上司としては素晴らしいテクニックですが、何でも褒めればいいというものでもないですよね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(392):

「何だかPCの調子が悪い……」とサポートセンターに電話しても、すんなり解決しないのが世の常ですが、ドッグバートの場合は一味違うようです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(391):

仕事の期日を決めるのは大切なことですが、指定すれば実現できるかというと、それは別ものですよね。特にボスの場合。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(390):

“うっかりしゃべったことが記事になってしまった”というのはよくある話ですが、それが記者への脅しだったら……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(389):

自分の得意なことを仕事に生かしていく、これ自体は社会人としてよい取り組みですが、ウォーリーの場合はどうなんでしょうね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(388):

人を疑っているようで、結局信じている。やっぱりディルバートは素直ですね。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(387):

「役立たず」のレベルではまだ仕事を振られる。完全に仕事を振られないようにするには“有害な”人間になること……って、そんな人が会社に増えたら大変なことになりますよね。さて、ウォーリーがとった“有害”になるための方法とは?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(385):

ウォーリー直伝の「サボり」テクニック。意外と使えるんじゃないかと思ったのは私だけですかね……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(384):

仕事中に私用の連絡がスマートフォンに、なんてことは誰にでもありますよね。ボスはそれを認めたくないようですが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(383):

やりとりしている相手が海外にいるならまだしも、近くにいる人なら深夜に来たメールは“スルー”したい……ですよね。睡眠は大事ですし。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(382):

完璧主義って仕事においては良い能力ですが、悪い方向にはたらくこともある……のでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(381):

真面目に働くアリスに「一生懸命に働くってどんな感じ?」と尋ねるウォーリー。ってそれはさすがにマズイでしょ……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(379):

日ごろの仕事に対する評価は大事ですが、自分の仕事ぶりもロクに見ていない上司に評価されてもね……というお話。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(378):

会社に子供がやってくるイベント「子供訪問日」(ファミリーデー)。最近は実施する企業も増えましたね。しかしイベント当日は在宅勤務にしてほしいとボスに頼むウォーリー。その理由は……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(377):

今年の目標を達成していないことをボスから問い詰められるディルバート。その理由はなんと20年以上前にあるようで……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(376):

人工肉製品を発売するという知らせを受け、1つ疑問が浮かんだディルバート。対する経営陣の答えは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(373):

「ロボットは人間のように賢くはなれない」と話すボス。人間にできてロボットにできないことをディルバートが尋ねますが……? 今回はボスが一枚上手だったようです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(372):

「複雑なプロジェクトですが、3カ月以内に完成します」と宣言したプロマネ。不安になったディルバートがその理由を聞きますが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(371):

「賢明なリーダーならば――」と労働時間を減らすよう、ボスに交渉するディルバート。しかし、ボスの答えは……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(370):

恥をかくどころかまったく悪びれないウォーリー。彼を“更生”させるのは至難の業のようです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(369):

忙しい経営層は雲型のワードアートやお金のマークを好むそうです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(368):

上司の注意も何のその。圧倒的という以外、言葉が見つかりませんね。しかしまあ、こんな部下は持ちたくないものです……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(367):

CEOの解釈だと、顧客志向というのはどうやらマキャヴェリズムのことを指すようですよ。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(366):

本来ボスはリーダーシップ論やマネジメント論が大好きなはずですが、部下に言われると癪に障るんですかね…?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(365):

我々は高度な仕事をするために雇われているエンジニアだ。冷蔵庫の掃除などしている場合かっ!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(364):

Facebookでつながっている人たちも友だちかどうか怪しいものですな…。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(363):

出るわ、出るわ、いろいろな意見が……。でも、こんな状態で商品をどうやって売ろうとしていたのかしら。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(362):

……みんな好き勝手なことばかり言って。でも、直感を信じろと言ったのはボスだからなぁ。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(361):

含蓄ある一言を放ったつもりが、ディルバートとウォーリーに突っ込まれ、すっかり翻弄されているボス。どうやら職場だけでなく自宅でも同じようですね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(360):

目的通りネット上で拡散しそうなビデオが出来上がったようですが、こんな映像で果たして良かったのかしら……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(359):

部下に何でもかんでも頼られて困った様子のボスですが、勝手な思い込みでないといいですね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(358):

これは見事なまでに部下におちょくられている典型例といえるでしょうね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(357):

すべてのシステムには多少なりとも問題はあるもの。そう思わないとやっていけないですよね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(356):

パワーポイントで資料を作成中のボスとディルバート。イラストを多用するのはいいですが、これって適確な表現なのかしら……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(355):

これでは同僚におちおち質問もできませんな……。もしくは、恥をかいて学ぶべしと、前向きにとらえるか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(354):

どうやら「2つのピザルール」は通用しなかったようです。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(353):

ボスの振る舞いを見ていると、本当に情熱的なリーダーと偽物のリーダーの違いがよく分かりますね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(352):

知らずして神を侮辱してしまったようですが、そもそも「二度焼き芋の神」って何なのでしょう…?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(351):

これは実に効果的なおだて方ですね。物覚えの悪い上司を持った皆さんもぜひ試してみては!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(350):

過去だけを振り返れというのは、いかにもウォーリーらしいですが…。希望に満ちた若者のハートを台無しにしちゃって…。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(349):

どんなことでもマイナスにとらえる人って、皆さんの周りにもいますよね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(348):

歩き回って社員を管理する代わりに、執務室でラジコンの飛行船を飛ばすというアイデアでしたが、結末は……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(347):

新しいフレグランスを身にまとったウォーリー。頼むから近寄らないで……!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(346):

誰もが真似できるリーダーの習慣とは――。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(345):

何とウォーリーがCEO賞の優勝者に! その理由は一体…!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(344):

ディルバートとウォーリーを納得させたと思ったら、次の突っ込みですぐに崩壊。やっぱりボスはボスでした。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(343):

どうにかして仕事をさぼりたいウォーリーがまた突拍子もない行動に出ました。けど、しばらく我慢すればボスの“頭痛”もなくなるかも!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(342):

オペレーターに翻弄されるディルバート。結局、システムの互換性問題はどうなったのかしら……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(341):

「お互いに尊敬の念を持つこと」が大事だと社長。おっしゃる通りなんですが、言ってることとやってることが矛盾してませんか…?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(340):

難解なプログラムコードを短期間で仕上げたテッドを褒めようとするボス。ディルバートが反論するも聞く耳持たず?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(339):

ソーシャルメディアコンサルタントにとって、少々の「いいね」なんて屈辱的……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(338):

リーダーシップに関する記事を読んで何かを学んだ社長ですが、その取った行動って正しいんですかね……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(337):

アリスに「ピア・コーチング」を持ちかけられたディルバート。うまくいく……はずがない!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(336):

今ここに在庫がないのに、商品を売られることってありますよね。「最悪のUIを持ったオンラインショップ」という表現は言い得て妙です。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(335):

明日のプレゼンを前に、ガチガチに緊張するディルバート。そこに追い打ちをかけるように……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(334):

いかに作業をしないで済ませるか、今日もボスとディルバートたちの攻防が繰り広げられます。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(333):

「5%給料を上げてやる」というボスの提案に対し、ディルバートは即答で拒否。考え方は人次第ということでしょうかね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(332):

できるだけ遠ざけたい職場の同僚にバッタリと会ってしまい、気まずくなることってありますよね。しかしまあ、こんな言葉を浴びせなくても……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(331):

飢饉が起きた場合、異星人が地球に侵略してきた場合、あなたの会社ならどうしますか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(330):

ウォーリー、君の成果はゼロだよ、ゼロ!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(329):

法務担当者を言い丸めて勝手にソフトウェアを購入しようとするディルバート。背筋がゾッとしますね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(328):

お互いのタスクに合意できず、悪音声で何も聞き取れなかった電話会議が成功ってどういうこと……!?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(327):

「SQLデータベースのインターネットワーク最適化のためのスクリプティング構造上級」って、一体どんなトレーニングなのかしら……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(326):

ガールフレンドに男の存在価値について批判を浴びせられ、タジタジになるディルバート。その結果、とった行動は……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(325):

怪しいサイトを見るわけではなく、ただ業務上で必要なWebページを閲覧したかっただけなのに……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(324):

数十ページに及ぶ契約書類をはじめ、膨大な法的資料をしっかり確認しておけ。法務部ではなくエンジニアのお前がな。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(323):

素晴らしいマネジメント書は世の中にたくさんあるけれど、それを読んで優れたリーダーになれるなんて虫が良すぎませんか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(322):

実に不条理な板挟みにあってしまった秘書。かわいそうに、どうしていいか分かりませんよ……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(321):

履歴書にうそがないのかどうかをディルバートに問われた面接者。彼がまくしたてたロジックはもっともなのですが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(320):

ごめんなさい、社長がおっしゃる戦術というものがよく分かりません……!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(319):

反面教師にしろということでしょうか……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(318):

職場に医療診断できるロボットが登場。さっそくボスの身体を検査してみると……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(317):

ゲーミフィケーションを職場に採用して、作業を完遂するとバッジが貰えるようになるそうです。今回はディルバートの言い分ももっともですね……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(316):

顔も見たことのないマーケティング担当者が大失態。よってエンジニアのボーナスは無しって、少々理不尽な気もしますが……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(314):

あのウォーリーが画期的なアイデアを……!? と思ったら、やっぱり最後にオチがありました。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(313):

ここまで徹底的に抵抗するほどファイアウォールに手を触れたくないなんて……。過去のトラウマ?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(312):

部下に意見を求めたら「やりたいようにやってください」との返答。あなたならどうしますか?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(311):

アシュック、仕事上の満足感についてウォーリーに聞いても無駄ですよ……。それ見たことか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(310):

どこからともなく能力の天使が現れました。「さあ、お前をエンジニアに認定してやろう」。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(309):

ボスに解雇を迫られたウォーリーがとった大胆な行動とは……?

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(308):

社内に落ちている“ゴミ”をオークションサイトで売り飛ばすのと、欠陥製品を堂々と顧客に売りつけるのと、どちらが有意義なのかしら……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(307):

エンジニアたちのユニークな伝統儀式、“コードモッキング”。非効率なソースコードに手を加えようとした瞬間……!

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(306):

2カ月前に発注した仕事が「まだ手つかず」だなんて……。このシステムが完成する日は来るのでしょうか。

【スコット・アダムス , ITmedia】()
ディルバート(305):

自宅で仕事なんてさせるか! あの手この手で気を紛らわそうとする“悪同僚”の策略にまんまと引っ掛かってしまいましたね、ディルバート……。

【スコット・アダムス , ITmedia】()

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -