連載
» 2015年06月25日 12時30分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10“完全無料”騒動とは何だったのか?――やはりWindows XP/Vistaは対象外 (3/3)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

7月29日以降もWindows Insider Programに参加し続けるという選択肢

 なお、Windows 10製品版を無料で入手するには正規版のWindows 7またはWindows 8/8.1のライセンスが必要となるが、Windows Insider Programを続ける限りはライセンス認証されていないシステムでもWindows 10 Insider Previewの継続利用が可能なので、検証を目的としたユーザーであれば、メイン以外のマシンや仮想環境の上で利用し続けるのも手だろう。

 MicrosoftはWindows 10製品版の公開後もWindows Insider Programを継承し、Windows 10 Insider Previewを提供し続けると発表している。ここで提供されるWindows 10 Insider Previewは、7月29日公開のWindows 10製品版より先行した内容であり、新機能の追加や不具合の修正を早期に試せる一方、安定性が低い可能性も受け入れなければならない。Windows 10 Insider Previewには有効期限が設定されているが、最新版にアップデートし続けることで有効期限も延びて使い続けられる。

 従来のWindows OSとは異なり、同社はWindows 10を継続的なプラットフォームとして細かくアップデートさせ、今後の機能拡張や改良を順次行っていく方針を示している。ゆえに当面はWindows Insider Programを通じて、動作は不安定ながらもWindows 10の最新版が入手可能とみられるため、最大限に活用してみるのもよいのではないだろうか。

Windows Insider Programのサイト。7月29日のWindows 10公開後も同プログラムは継続される
「鈴木淳也の「Windowsフロントライン」」バックナンバー


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう