連載
» 2015年07月03日 05時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10の先にあるSF映画みたいな近未来――「Microsoft Research Asia」探訪 (4/4)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

スタートアップの集積地で大きな役割を果たすMSRA

 MSRAのある北京市海淀区中関村は、「(深センと並んで)中国のシリコンバレー」と呼ばれることもあるほどIT企業や大学が密集しており、こうしたスタートアップの盛り上がりを受け、街の一角のかつてはレストランが並んでいた通りを改造する形で「Inno Way」と名付け、スタートアップや投資家らが集まる一大産業エリアにしようとしている。

 こじゃれたオープンカフェで、人々がPCやタブレットを持ち寄って作業したり情報交換したりする姿は、まさにシリコンバレーを意識したものだろう。

 かつてはこの周辺に秋葉原のような電脳街も存在したが、現在ではAlibabaの提供するオンライン通販「Taobao」が市場を席巻したこともあり、ビルがほとんど閉鎖されるなど、ある意味で日本や米国よりもダイナミックに市場が動いている。

 かつての電脳街からスタートアップの集積地へと目まぐるしく変化する中関村のエリアで、MSRAは最新ITの基礎技術研究とともに、こうしたスタートアップとの連携や支援で大きな役割を果たそうとしている。

MSRAの位置する北京市海淀区中関村は、深センなどと並んで中国のシリコンバレーなどとも呼ばれる
2014年、ここに「Inno Way」というエリアが登場した
Inno Wayにはオフィスやイベントスペース、こじゃれたカフェが並び、起業を目指す人や投資家らが集まる場所となっている
「鈴木淳也の「Windowsフロントライン」」バックナンバー


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう