連載
» 2015年08月11日 10時00分 公開

Windows 10リリース後に配信された「SR1」とは?鈴木淳也の「Windowsフロントライン」(2/2 ページ)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

Officeファミリーの新アプリ「Sway for Windows 10」も登場

 また以前に本連載で少しだけ紹介したMicrosoft Officeファミリーに属する新しいコンテンツ作成サービス「Sway」のWindows 10版アプリ「Sway for Windows 10」が8月6日、ついに公開された。

 Swayでは、OneNoteを使う感覚でインタラクティブ性が高いコンテンツ(プレゼン、ニュースレター、アルバム、レシピなど)を簡単に作り、Web上に投稿できる。コンテンツそのものはHTML5で記述されているため、複数のユーザーが好きなデバイスや環境で自由に参照可能だ。Sway for Windows 10ではオフラインモードもサポートしている。

 手軽にビジュアル要素や動きのあるコンテンツを作成できるので、Officeアプリの一員として活用してみてほしい。現在開発中の「Sway for Windows Phone」は今後数カ月のうちにリリースされる予定だ。

「Sway for Windows 10」は、プレゼンやニュースレターなどのコンテンツを手軽に作成できる。外出先などでインターネットに接続できない環境でも、オフライン利用が可能だ

11月にはXbox One版Windows 10も提供

 先ほど「TH2」の話をしたが、Windows 10は今後も引き続きアップデートが続いていく。マイルストーンとしての注目はまず秋で、Xbox One向けのWindows 10アップデートが11月に提供される予定だ。

 UWP(Universal Windows Platform)アプリが利用可能になることで、ゲームだけでなく、例えばPC、タブレット、スマートフォン向けに提供されているコンテンツ視聴系アプリや各種ユーティリティも利用可能になるなど、利用の幅が大きく広がる。

 本提供に先駆けて9月には一部テスターにプレビュー版が配布されるとのことで、気になる方は引き続きチェックしておくといいだろう。

独ケルンで開催されたゲームイベント「gamescom 2015」にて、Xbox One版Windows 10のリリースが11月であることが明らかになった。写真は米MicrosoftのXbox事業責任者であるフィル・スペンサー氏
「鈴木淳也の「Windowsフロントライン」」バックナンバー

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.