鈴木淳也の「Windowsフロントライン」

「鈴木淳也の「Windowsフロントライン」」の連載記事一覧です。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

初のオンライン開催となるMicrosoftの開発者向けイベント「Build 2020」を前に、Windows 10に関する話題をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「May 2020 Update」(バージョン2004)の一般配信が近づいているようだ。一方で、新型コロナウイルスの影響によって各種スケジュールにも影響が見られるようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

新型コロナウイルスの影響は、Microsoftにも大きなダメージを与えている。2020年内に登場予定だった2画面デバイス「Surface Neo」も例外ではないようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

ついに“Microsoft 365 for Consumer”が「Microsoft 365」の名称で正式発表となった。ただ、米国とは異なり、日本での展開は少々事情が異なるようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

以前から話題に上っては消えていた、Microsoftのサブスクリプションサービス 「Microsoft 365 for Consumer」がついに登場するようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

世界最大規模の小売業界展示会「NRF 2020 Retail's Big Show」でオープニングキーノートの講演を行ったMicrosoftのサティア・ナデラCEO。そこから見えてきた、同社の取り組みや今後を見ていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftの対応に批判が集まっている。その理由は何だろうか。細かく見ていこう。【タイトル変更】

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoft StoreやUniversal Windows Platformに関して、さまざまなうわさが飛び交っている。そこから見えるものとは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

2020年1月14日に延長サポートが終了したWindows 7だが、その前後でさまざまな話題を集めている。それらの中から、興味深いものを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

MicrosoftやWindowsの動向をウォッチする本連載だが、2020年代はどのような見通しになるのか。普段とは違った視点で、今後のMicrosoftを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

2020年1月14日で、ついにWindows 7の延長サポートが終了した。今後、Windows 7を使い続けるリスクについて、改めて確認しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

さまざまな大型イベントが交錯する2020年が幕を開けた。MicrosoftとWindowsを巡る事情はどのような変貌を遂げるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

2019年が終わろうとしている。延長サポートの終了直前となるWindows 7を筆頭にWindows 10もさまざまな話題を振りまいた1年だった。Windowsを中心に振り返りつつ、その先を見ていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Qualcommが「Snapdragon Tech Summit 2019」を開催した。そこで明らかにされた新SoCによって、Windows on Snapdragonはどのように羽ばたいていくのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

SlackとMicrosoft Teamsの舌戦が激しさを増している。これまでの経緯とこれからをまとめてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

今回は、Microsoftが2020年に発売を予定している2画面デバイス「Surface Neo」に採用されるOS「Windows 10X」を巡る最新情報と、Windows 10の命名ルールについてチェックする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

正式版のリリースが迫るMicrosoftの「Chromium Edge」だが、動き出したChromium Edge on Arm、今後注目が集まるであろうx64アプリケーションのArmエミュレーションといった話題の最新動向をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftの直営店である「Microsoft Store」では、先行して新型Surfaceシリーズの展示と販売が行われている。店舗での扱いや反応を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Windows 10に次期大型アップデートは、「November 2019 Update」としてリリースされるようだ。また、Chromium EdgeやWindows 7の延長サポート終了についての話題もチェックする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
連載:Windowsフロントライン:

Microsoftが発表したWindows 10ファミリーの「Windows 10 X」。その正体は何かを、リーク情報や開発コード名の変遷を踏まえて考察してみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Windows 10の次期大型アップデート「1909」(19H2)の提供が目前に迫る一方で、11月には1803(April 2018 Update)がサポート終了を迎える。大型アップデートのバージョン推移から見えてくるものとは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftが発表した新モデル「Surface Pro X」と「Surface Laptop 3」。それらに搭載されるプロセッサから、ぶれないMicrosoftのハードウェア思想を見ていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

MicrosoftがLinuxに急接近している。しかも単なるポーズではなく、相当な入れ込みようだ。両者の距離感を探ってみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftがニューヨークで発表会を開催し、Surfaceシリーズのラインアップを一新。新たなモデルも投入するなど、アグレッシブな姿勢を示した。そこに浮かび上がる疑問を整理してみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

米Microsoftが、10月2日(現地時間)にニューヨークで新製品発表イベントを開催する。そこで登場するのは何か。周辺情報を踏まえた上で予測してみよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

登場から4年が経過したWindows 10の稼働台数が10億台に迫っている。2020年1月に延長サポート終了となるWindows 7の終了も追い風になりそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Windows 10の標準ブラウザが「Edge」から「Chromium Edge」に切り替わる。そのβチャンネルが公開され、徐々に方向性が見えてきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftの最新動向をウォッチする本連載。延長サポート終了を迎えるWindows 7関連や音声アシスタント「Cortana」、そしてMRデバイス「Hololens 2」の動向を見ていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftがテストユーザーに提供しているWindows 10の大型アップデートは、現在3つのバージョンがある。そこから分かることは何か。最近のMicrosoftの動向をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

さまざまな復元手段が用意されているWindows 10。2020年前半に一般配信される次々期の大型アップデート「20H1」で提供される可能性のある「Cloud Download」を読み解いていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

リリースから4年がたったWindows 10。「Windows as a Service」を掲げて定期的な大型アップデートを実施する中で、消えていったもの、加わってきたものを改めて整理した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ちまたでは「7pay」にまつわる一連の騒動が報じられているが、Microsoftも2020年春に予定されているWindows 10の大型アップデートで「パスワードレス」のオプションを追加する見込みだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

以前からうわさに上っている、Microsoftの欧州初となるフラッグシップストアがロンドンのオックスフォードサーカスにオープンする。一方で店舗はモノを売る場所から、体験とソリューションを提供する場所に変わりつつある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也のWindowsフロントライン:

Office製品には欠かせないコラボレーションツールの「Microsoft Teams」だが、さまざまな改良が加えられているという。米Microsoft本社で話を聞いた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが開発中とうわさされる2画面折りたたみ型デバイスと、同プラットフォームを支える新型OSの話題について、最新事情を見ていこう。また、そこから見える課題とは何か。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

定期的に行われるWindows 10の大型アップデートだが、最新の「May 2019 Update(1903)」のシェアはどうなのだろうか。また新たに加わった機能についても見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Windowsフロントライン:

Microsoftに関して、以前からうわさになっている2画面折りたたみ型デバイス「Centaurus」や、Windows Liteについての最新情報をまとめてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

デザイン一新のうわさが絶えない次世代のSurface Proだが、今回はどうなのだろうか。新型Surface Proの姿を、さまざまな情報から推測してみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
COMPUTEX TAIPEI 2019:

2019年5月28日〜6月1日にかけて、台湾で「COMPUTEX TAIPEI 2019」が開催される。各社がさまざまなセッションを予定しているが、まずは注目の動きを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

年次イベント「Microsoft Build 2019」において発表された「Minecraft Earth」は、単なるゲームタイトルではなく同社の最先端技術を凝縮した“テクノロジーショウケース”だ。注目ポイントを整理した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftのデバイス事業を率いるパノス・パネイ氏が来日し、プレス向けにトークセッションを開いた。Microsoftの2in1 PC「Surface」シリーズを中心に話を聞いた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

リリースが目前に迫ったWindows 10の次期大型アップデート「May 2019 Update」と、βテストが続いている次期標準ブラウザ「Chromium Edge」の最新動向をチェックした。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが、同社初の時価総額1兆ドルを突破した。その要因を細かく見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2020年1月14日に、Windows 7やWindows Server 2008といったOSの延長サポート(EOS)が終了する。Windows XPのときのような騒動を回避すべく、さまざまな対策が行われているが、その現状を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

いよいよ平成が終わり、新元号による日常が始まる。そのような中で、ひそかにWindows 8が葬り去られようとしている一方、命脈を保ち続けるアプリケーションもある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftがWindows 10への導入を考えていた「Sets」。紆余(うよ)曲折を経て、組み込みが断念されたようだ。その経過をたどり、そこから浮かび上がってきたことをまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが開発を進めている「Chromium Edge」について、開発者版をダウンロードして試した。そこから見えた、「Microsoft版Chrome」の方向性を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデートである「May 2019 Update」が、リリースへ向けて歩みを進めている。その動きを追った。

【ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10のデフォルトブラウザである「Edge」の動作ベースを「EdgeHTML」から「Chromium」へと移行が発表されてから4カ月近くが経過した。どのような状況になっているのかを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

次期Windows 10の大型アップデート「19H1」から配信ポリシーが変更され、名称も「Windows 10 May 2019 Update」となる。前回のトラブルを踏まえて、何が変わったのかを整理した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2020年に延長サポートが終了するWindows 7やOffice 2010と、Windows 10を巡る最新動向をまとめてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが開発中の「WCOS」(Windows Core OS)を利用したデバイスの最新動向と、最近のクラウドシフトについてまとめてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になりそうだ。今回は、企業向けの大きな変更点を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になるようだ。前回のアップデートで発生した“ファイル消失問題”の反省は生かされているのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2019年3月、世界で稼働するWindows 10が8億台を突破した。同時にWindows 10の“次々期”開発者ビルドが、Windows Insider Program参加者に提供された。これの意味することを考えてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが、スペイン・バルセロナで開催中の「MWC19 Barcelona」で新型MRヘッドセット「HoloLens 2」を大量に展示した。早速使ってみたが、なかなか刺激的な体験だったのでその模様をお届けしたい。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2月24日(現地時間)、Microsoftはスペイン・バルセロナで開催されるMWC19 Barcelonaに先がけてプレスイベントを開催、第2世代のMRヘッドセット「HoloLens 2」を発表した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftがプロジェクトなどに付ける開発コード名が話題を集めている。そこにまつわる命名法則や今後登場する見込みのデバイスについて考えてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが、「MWC 2019」の開催直前にプレスイベントを実施する。そこで新製品だけでなく、今後に向けた発表も行われる見込みだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2月24日(欧州時間)にスペイン・バルセロナの「MWC 2019」において、Microsoftがプレスイベントを開催する。当日発表されるであろう次期「HoloLens」と思われるティーザー動画が公開された。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftのオフィススイート永続ライセンス版「Office 2019」が発売されたが、同社自身でクラウド版の「Office 365」をプッシュする動きが顕著だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2020年1月に延長サポートが終了するWindows 7だが、Microsoft自身が有償のサポートメニューを用意している。現時点で判明している価格と仕組みをチェックしよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが、矢継ぎ早に小売業界のビックネームと提携や協業を展開している。その理由を全米小売協会(Naitonal Retail Federation)の年次イベントから読み解いてみよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが2019年度第2四半期の決算を発表した。そこから読み取れるWindows 10の現状と、当面は影響があると思われるIntel製CPUの供給量に関する部分を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

4月には一般公開が始まると予想されるWindows 10の次期大型アップデート「19H1」だが、速くも“次々期”に提供されるバージョン「19H2」が間もなく姿を現すようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが、ついにWindows 10 Mobileのサポート終了日をアナウンスした。2016年から常に海外に持ち歩いていた、筆者のWindows 10 Mobile端末と別れの時が来たようだ。その思い出話を紹介しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)がいよいよリリースに向けてカウントダウンを開始したようだ。というのも、次の次となる「19H2」の姿がおぼろげながら見えてきてからだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが開発を進めている音声アシスタントの「Cortana」だが、最近ではその重要度を落とす動きが相次いでいる。このままフェードアウトしてしまうのか、新たな動向があるのかを整理してみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが、2019年2月にスペインで開催される「Mobile World Congress 2019」(MWC19)にてプレスイベントを開催する。Windows Mobile 10の終了以降、再びMWCに戻ってきた同社が何をアピールするのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2019年初となるWindows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)では、セキュリティ関連以外でどのような強化が行われるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

以前から話題に挙がっているMicrosoftの2画面折りたたみ型デバイス「Andromeda」だが、Windows 10の最新動向を伝えるWebサイトの閉鎖がきっかけで再び話題に上っている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 7の延長サポートが終了を迎える2020年1月14日まで、1年を切った。このタイミングで、ついにWindows 7とWindows 10のシェアが逆転したという。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年に行われたWindows 10の大型アップデートでは、さまざまな課題が噴出した。2019年初となる次期アップデート「19H1」(開発コード名)では、どのような強化が行われるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

WindowsやMicrosoftの最新情報を独自の視点でお届けする本連載。2019年の第1回は、筆者の鈴木淳也さんが「今後Microsoftが飛躍するために取り組むべきこと」と題してお届けする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

WindowsやMicrosoft関連の情報を日々追いかけている本連載。鈴木淳也氏がPC市場とMicrosoftの今とこれからを考える。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年もさまざまなモデルが登場したMicrosoftの「Surface」シリーズだが、2019年以降はどのような展開となるのだろうか。さまざまな情報から同社のハードウェア製品を読み解いていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

12月にハワイで開催された米Qualcommの「Snapdragon Tech Summit 2018」において登場したのが、PC向けSoCの最新版「Snapdragon 8cx」だ。この情報を含め、Windows+Armのエコシステムに関する最新情報をお届けする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本ではまだ展開していないMicrosoftの公式ストア「Microsoft Store」だが、米国外ではどのような状況になっているのだろうか。さまざまな情報をまとめてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10では、従来からユーザーが意図しない形でアプリケーションが“勝手に”導入されていた。今回、新たにLINEアプリなどが加わったことで物議を醸しているようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ファイル消失問題などで世間を騒がせた「Windows 10 October 2018 Update」だが、Microsoftにもたらした課題は何だろうか。Windows 10のバージョン別シェアから読み解く。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Qualcommのイベント「Snapdragon Tech Summit 2018」を目前に控えた今、うわさされる次世代Snapdragonや「Chrome on ARM Windows」といった話題から、「Windows on Snapdragon」の2019年を占ってみよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Intelが公開した新しいグラフィックスドライバは、「Universal Windows Driver(UWD)」に対応した同社初のドライバだ。Windows 10のモダンドライバとなるUWDを解説する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

中国・北京にあるMicrosoftの最先端技術研究所「Microsoft Research Asia」(MSRA)が、設立20周年のイベントを開催した。その内容から、MSRAの今後について考えてみよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftの従業員が新しいアイデアを検討できるよう、2009年に誕生したプロジェクト「Microsoft Garage」。2014年の一般公開以降、同社が開発中のテストアプリを試せるようになったが、その最新情報などを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

何かと話題を集めた「Windows on Snapdragon」が、正式リリースから1年たとうとしている。Always Connected PCの現状を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftのWindows Mixed Reality対応ヘッドセット型デバイス「HoloLens 2(仮称)」の発表が、2019年第2四半期にずれこみそうだという。その理由を探ってみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ファイル消失問題によって配信停止に追い込まれていたWindows 10の大型アップデート「October 2018 Update)」。ようやく配信が再開されたが、Windows 10における開発体制や配信手順には見直しが必要との声が少なくない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

スマホの割賦販売のように、SurfaceデバイスとOffice 365を月額24.99ドルから利用できる「Surface All Access」。その内容とMicrosoftの狙いとは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftはAIとクラウドへの注力に伴い、WindowsとOfficeの戦略を柔軟に変えつつある。WindowsとOfficeの新製品・サービスをまとめつつ、同社の狙いを考える。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

例年10月に「Surface」関連の新製品を発表しているMicrosoft。10月2日午後4時(日本時間で10月3日午前5時)のイベントで何が登場するのか。直前の予想をまとめる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10次期大型アップデート「October 2018 Update」がいわゆる「RTM(Release To Manufacturing)」の状態に入ったことを複数の海外メディアが報じている。また正式リリース日は、新Surfaceの発表会がある10月2日に合わせてくるとの予想も出てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の標準機能として加わって1年近くになる「Windows Mixed Reality(MR)」。秋の夜長にあらためてWindows MR対応のHMDをじっくり体験して感じたこととは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

月額払いでSurfaceシリーズの最新製品を入手して利用できる「Surface Plus」サービス。2017年8月に米国で始めたばかりだが、1年余りで新規の受け付けを終了している。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは、中国では2つ目となる研究機関「Microsoft Research Asia-Shanghai」、そして上海市が運営するINESA(上海儀電)と共同で「Microsoft-INESA AI Innovation Center」を設立することを発表した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは強引にEdge移行策を進めようとしたのか――Windows 10開発プレビュー版のとある新機能にユーザーと競合他社が相次いで反発し、同機能を削除したことが話題となっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10のデフォルトブラウザといえば「Microsoft Edge」だが、ユーザーのWindows 7からWindows 10への移行が進んでも、Edgeのシェアはそれほど伸びていない。それどころか、IEのシェアが復活しているというデータも一部にみられる。何が起きているのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

新Windows、新Office、そしてクラウド環境への移行を加速させたいMicrosoftだが、市場動向や顧客ニーズに合わせたサポートポリシーの変更で例外が多くなり、ユーザーにとってより分かりにくい状況になってきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Apple、Googleに続いて、新製品発表の予告をしたMicrosoft。例年10月に「Surface」関連の新製品を発表しているが、2018年は何が登場するのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年10月の一般公開が見込まれるWindows 10次期大型アップデート「October 2018 Update」。8月末から9月初旬までの開発ビルドリリース状況と今後の見通しを紹介する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは個人向け「Office 365」のライセンスを改定。10月2日にサービスを同時利用できるユーザー数やデバイス数の制限を緩和する。日本のOffice 365ラインアップへの適用と、その影響は?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

電撃発表から約1年。ついに「Amazon Alexa」と「Cortana」の音声アシスタント連携機能がパブリックプレビューまで到達した。実際に試したレポートをお届けする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PC市場への攻勢を強めつつあるArmがクライアント向けCPUロードマップを発表。2020年までの間、年率15%のパフォーマンス向上を目指し、今後5年でWindowsノートPCの市場シェアを大きく奪おうとしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

GoogleのChrome OSが、macOSのようなOSデュアルブート環境に対応するのではないか、とのウワサが話題になっている。近い将来、ChromebookでWindows 10を利用可能になるというのだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが「クラウドファースト」を掲げてから久しいが、従来型のオンプレミス版Officeをはじめ、Windows関連製品のラインアップと価格を見直すことで、企業ユーザーのクラウド誘導を強化する構えだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

HoloLens向け次期Windows 10アップデートの開発プレビュー版「HoloLens RS5 Preview」がリリースされた。目玉は日本語のネイティブ対応だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10は基本的にWindows Updateを自動で実行し、デバイスを最新状態に保つためには再起動が必要になる。この仕組みが意図せず作業を中断してしまうこともあるわけだが、次期Windows 10大型アップデート以降では新機能による改善がみられるかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年秋に一般公開される予定のWindows 10次期大型アップデート。開発コード名で「Redstone 5(RS5)」と呼ばれるこのアップデートでは何が変わるのだろうか。プレビュー版における開発中盤までの更新状況をまとめる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10開発プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」は、これまで「Redstone」の開発コード名で知られていたが、2019年春の大型アップデートからは「19H1」というシンプルなものに変わる。Windows 10 Insider PreviewはRS5と19H1に分岐し、それぞれ開発を進める。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米小売最大手のWalmartが米Microsoftと5年間の戦略的提携を結んだ。Microsoftのクラウド、AI、IoTサービスを全社で採用し、小売り分野でのデジタルイノベーションを加速するという。その背景にはもちろん米Amazon.comへの対抗があるわけだが、テクノロジーの全てをMicrosoftに委ねるわけではないようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは「Office 365」をさらに強化し、さまざまなコラボレーションツールを取り込んでいく構えだ。年次パートナーイベント「Inspire 2018」の開催直前に発表された3つのアップデートを整理する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ウワサの低価格Surfaceこと、「Surface Go」がついに登場した。しかし、日本モデルは米国モデルと一部仕様が異なり、それもあって最小構成価格が高めなことで、批判の声も少なくないようだ。今回はSurface Go日本モデルのこうした点について考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2画面モデルや低価格モデルなど、Microsoftの次期「Surface」に関するウワサが話題になっているが、これらは本当に投入されるのだろうか。2018年7月上旬までの最新情報をまとめる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

モバイル市場をターゲットにしたMicrosoftの新プロジェクトといわれる「Andromeda」とは、ポケットサイズで2画面折りたたみ型の新「Surface」なのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftは「Amazon Go」のようなレジ行列なしの店舗技術について開発を進めているという。ここで重要なのは、「小売店舗」という枠組みそのものが、最新技術によって「プラットフォーム」化されつつある現状だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftとQualcommの両社肝いりで2017年12月に発表された「Windows on Snapdragon」デバイスだが、いまだ日本市場に投入はなく、限定的な立ち上がりにとどまっている。PC市場をターゲットとする新たなハイエンドSoC「Snapdragon 850」は、Windows on Snapdragonの起爆剤になれるだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが膨大な資金を使って買収するGitHubとはどんな企業なのか。その歴史を振り返りつつ、米国オフィスを訪問したレポートをお届けする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ここ数年は秋に「Surface」ブランドの新ハードウェアを投入してきたMicrosoft。2018年後半以降の新機種に関係すると思われる3つの開発コード名を追う。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

次世代モデルのうわさが度々聞こえてくるMicrosoftの「HoloLens」。ハードウェア、ソフトウェア、ボディー、そして価格まで、大幅な変更の可能性が語られている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

GitHubを買収したMicrosoft。かつてプロプライエタリの権化ともいわれたMicrosoftが今ではオープンソースを非常に重視していることは明らかだが、今回の買収で得られるメリットは何だろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米国でMicrosoftの時価総額が、Googleの親会社であるAlphabetの時価総額を逆転した。過去1年間の株価をみると、Microsoftは40%もその価値を上昇させており、5月29日の取引終了時点で時価総額がAlphabetを上回ったのだ。その背景を探る。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが新しいアプリのパッケージング形式「MSIX」を提案。従来のデスクトップアプリ配信形式であるWindows Installer「MSI(.msi)」の後継となるだけでなく、「UWP(Universal Windows Platform)」のベースとなる「APPX(.appx)」の特徴も含んだスーパーセットとして機能する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

まだ製品数が少なく、日本市場への投入もないことから、徐々にユーザーの興味が薄れつつあるような「Windows on Snapdragonデバイス」だが、ここに来て次世代モデルのウワサも聞こえてきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年秋に配信予定の次期Windows 10大型アップデート「Redstone 5(RS5)」のプレビューとなるWindows 10 Insider Previewに、新機能が続々登場。実際に新ビルドを導入し、ポイントを解説する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Microsoftが2018年後半に400ドルの低価格Surfaceを投入する計画」というウワサは本当なのだろうか。Surfaceシリーズのこれまでの歴史と、Microsoftの現状から、その可能性を考える。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftの開発者会議「Build 2018」では、近年同社が注力する「Intelligent Cloud」と「Intelligent Edge」の最新動向が語られた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

注力分野が「Windows」を中心としたクライアントソリューションより、「Azure」を中心としたクラウドサービスに移りつつあるMicrosoft。Windowsを必要としない新たなIoTセキュリティサービスである「Azure Sphere」投入の狙いを探る。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ようやく2018年春のWindows 10大型アップデート「April 2018 Update」が配信されたばかりだが、2018年秋の大型アップデート「Redstone 5」では新しいエディションが追加されるのではないかと、Windows Insider Program参加者の間で話題になっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ギリギリ4月に間に合わせたWindows 10の大型アップデート「April 2018 Update(1803)」。その変更ポイントをチェックする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Redstone 4(RS4)」と呼ばれる2018年春のWindows 10大型アップデート「1803」は、バグ問題でスケジュールが遅れていると伝えられているが、4月中に配信できるのだろうか。ここに来て、新たな名称候補も浮上してきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Edgeブラウザの開発チームを強化するMicrosoft。その背景には、Windows 10のWebアプリ実行プラットフォームとしての性能を強化する鍵になる「Progressive Web Apps(PWA)」の影響があるようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Redstone 4(RS4、1803)」の開発コード名で呼ばれ、最近では「Spring Creators Update」の名称がうわさされているWindows 10の2018年春アップデートだが、一般ユーザー向け配信の前に“待った”がかかった状態のようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows標準のセキュリティ対策機能は“オマケ程度”という認識はもう過去のもの。Windows 10の世代では、Microsoftがセキュリティ対策を大幅に強化しており、最新のセキュリティ動向を考慮したアップデートも続けているのだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2013年以来となる5年ぶりの大規模な組織改編を発表した米Microsoft。それが何を意味するのかを考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftは5月7日(現地時間)に年次の開発者カンファレンス「Build 2018」を開催する。明らかにされた基調講演のテーマやセッションから、同社の注力ポイントがあらためて分かってきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年4月に配信が始まる予定のWindows 10次期大型アップデート。いよいよ完成のとき、一昔前のWindows OSでいえば「RTM(Release To Manufacturing)」の時期が到来したようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

クラウドだけでなく、PCやスマートフォンなどを含むエッジデバイスの世界においても、機械学習ライブラリを使った処理高速化の活用が進みつつある。そんな中、Microsoftが発表した学習済みの機械学習ライブラリをWindows上で動作させるための仕組み「Windows ML(Machine Learning)」の情報を整理する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10次期大型アップデート「RS4」の提供が2018年4月に迫っている。Microsoftからの発表はまだないが、正式名称は「Spring Creators Update」になるようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10次期大型アップデート「Redstone 4」の開発が最終段階に差し掛かる中、その次の大型アップデートである「Redstone 5」のプレビュー版がWindows Insider Programに登場した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftの「Windows 10 S」に対するスタンスが変化しつつある。一部には「Windows 10 Sは死んだ」といった論調の報道もあるが、実際は死んだどころか、むしろ特定用途ではメインストリーム製品としてプッシュする勢いで扱いが変わってきているのだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

年に2回の大型アップデートを繰り返して機能やセキュリティを強化していくWindows 10。長期運用ではこのサイクルに対応することが求められるが、Microsoftは展開に時間を要する企業向けにサポートポリシーを変更した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年春の発売と予告されていた「Windows on Snapdragon」マシンの「HP Envy x2」が、米HPのオンラインストアに登場した。価格は999.99ドル、出荷開始は3月9日まで。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

OneDriveの画像内テキスト検索を活用すれば、写真の整理が手間いらずになる上、ビジネス文書の整理にも役立つかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftがデスクトップ、ノート、2in1タブレットなどのPC製品向けに“新しい”Windows 10を開発中とのウワサがある。「Polaris」と呼ばれるこの新OSの謎を追う。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

既に新機能の開発を終了してメンテナンスフェーズに突入している「Windows 10 Mobile」。ついにWindows Insider Programでの新ビルドの提供も終了したことが話題になっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

CES 2018では「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」が引き続き注目を集めた。その一方で、Windows 10標準のアシスタント機能である「Cortana」は、PC以外の採用例を増やすことに苦戦している。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

コンピュータUIの世界はCUIからGUIへの移行で利用者のハードルを下げることに成功し、タッチUIはそれをさらに簡易で直感的なものにした。一方で「コンピュータに逐次命令する」という利用スタイルは、CUIの時代から変化していないが、それがいよいよ変わる時が来るかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 7のサポート終了を2020年1月に控え、Windows 10への移行状況はどうなっているのか。また、2018年のPC市場、さらにはその後のトレンドはどうなっていくのか。2017年末に起こりつつある変化をもとに考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが折りたたみ式の2画面ディスプレイ搭載デバイスを開発しているというウワサは以前からある。今回は同社が公開したアプリのプレビュー版や特許申請の内容から、その秘密を探っていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ついに実際のPC製品が発表された「Windows on Snapdragon」。その発売時期や今後の見通しを考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2020年1月14日のWindows 7延長サポートまであと2年ちょっと。Windows 10への移行はどこまで進んでいるのか、これからどれだけ進むのか。現状と今後の見通しをまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

働き方改革のリーディングカンパニーを目指す日本マイクロソフト。自社が提供するツール群を積極的に活用することで、業務の無駄を省き、効率アップを進めている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftはIEからEdgeへとブラウザの移行が進むことを望んでいるが、スマートフォン連携などで先行するChromeがシェアを伸ばしている。そんな中、Microsoftが申請したWebブラウジングに関する特許は差異化ポイントになるかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米ワシントン州レドモンドに本社を構えるMicrosoft。その東京ドーム43個分の広大な土地で行われる「キャンパス大改造計画」が明らかになった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

リリースから3年で10億台のデバイス数を目指していたWindows 10。目標を達成できるペースではないものの、2017年11月には6億台の大台に達している。Windows 10およびWindows as a Serviceの戦略はうまくいっているのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年秋のWindows 10大型アップデートでは搭載されなかった目玉機能が、ついに開発プレビュー版に登場。2018年春の大型アップデート「RS4」では、履歴やファイル共有の使い勝手向上が期待できそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Harman Kardonとの提携によるCortana対応スマートスピーカー「Invoke」を米国で発売したMicrosoft。遅きに失した感もあるが、Microsoftは今後、Windows 10およびCortanaをスマートスピーカー関連でどう活用しようとしているのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Appleのアプリエコシステムを支える開発環境において、SwiftやObjective-Cといったプログラミング言語は重要だが、とあるランキングデータから、こうした状況に異変が起きつつあるのではないか、との指摘が出ている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftとQualcommが共同で開発を進めている「Snapdragon 835を搭載したフル機能のWindows 10 PC」。そのプロトタイプらしきベンチマークテスト結果がGeekbenchに掲載され、話題になっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

中国では多くの主要なインターネットサービスが遮断されているが、今度は中国のApp StoreからSkypeが消滅した。Microsoftは現地法に準拠する形で再リリースする意向だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Windowsストア」という名称だったWindows 10のアプリストアは、「Microsoftストア」となり、より幅広く新機能を追加するためのハブとして生まれ変わろうとしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Mobileはメンテナンスフェーズに入ったと言えるが、2017年末商戦向けに同OS搭載のスマートフォン新機種を投入するメーカーが出てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2000年代に脱Windowsを大胆に進めて話題となったドイツのミュンヘン市。業界の一大決断と呼ばれたオープンソースへの移行は、なぜ今になって覆されるのか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2018年3月ごろに配信される予定のWindows 10次期大型アップデート「Redstone 4」。その開発プレビュー版では、興味深い新機能や機能強化が増えつつある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftはアプリのUWP化を推進しているが、今後はWindows 10環境で切り捨てられていくデスクトップアプリケーションが増えていきそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Mobile搭載スマートフォンにもWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」は提供される。しかし、PC版と内容は大きく異なる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

個人向け「Office 365」に含まれるメール機能「Outlook.com」が強化された。その一方で、有料版の「Outlook.com Premium」は終了となるが、その影響は?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Qualcommが投入したサーバ向けARM SoC「Centriq 2400」は、Intel Xeonの牙城を崩せるのか。米カリフォルニアで開催されたローンチイベントを現地からレポートする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

GoogleがAndroidとChrome OSを統合した新OS「Andromeda」を開発中とのうわさもあるが、Microsoftは全く別の同名プロジェクトを秘密裏に進めているという。その正体とは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

LTE内蔵のモバイルPCが増えつつある中、開発が進んでいるSnapdragon 835搭載Windows 10 PCでは、さらに「驚異的なバッテリー駆動時間」という付加価値を得られそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Cortana搭載スマートスピーカー「Invoke」の販売が米国で始まる一方、3Dモーションセンサーの「Kinect」は生産終了となった。2017年秋のWindowsエコシステム新旧交代をまとめて紹介する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Fall Creators Update」という名称からはイメージしにくいが、この大型アップデートで法人向けのセキュリティ対策や管理機能が強化されている。直近のサポートポリシー変更とともに、まとめて紹介する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

年2回に固定されたWindows 10の大型アップデート。一般ユーザー向け配信が始まる「Fall Creators Update」の主な変更点をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10標準ブラウザの「Microsoft Edge」に、iPhone/Android向けのプレビュー版が登場。今後シェアを上昇させる契機になるか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」が、いわゆるRTM相当の段階まで到達した。そして開発プレビュー版では、その次の大型アップデート「RS4」に向けた変更が続いている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

既に数少ないWindows 10 Mobileユーザーが既に気付いていた、あるいは感づいていながらも認めたくなかったことが、ついに明るみに出た。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

当初は文教向けに機能制限したOSという位置付けだった「Windows 10 S」だが、ビジネス用途でかなり広がりを見せてきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

名前はAndroidに似ているが、ここで言う「Andromeda」とはMicrosoftがモバイル市場攻略を目指すための新プロジェクトだ。その正体とは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Office 2019とOffice 365の関係、強化されるOneDrive、コミュニケーションツール多すぎ問題の対応など、Microsoftのビジネスソフトウェア動向を整理する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが10月に開催する2つのイベント。3日はWindows Mixed Reality、31日はSurfaceの新発表が期待できそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

AppleやGoogleのアプリストアに後れを取っているWindowsストア。いよいよWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」でテコ入れされるようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Amazon.comの「Alexa」とMicrosoftの「Cortana」。2017年内に大手2社のAIアシスタントが相互に利用可能になる。この提携の背景には何があるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

AI時代では手元のデバイスより、クラウドの先にあるAIプラットフォームがますます重要になってくる。Googleと異なる手法でこれに取り組む、Microsoftの「BrainWave」プロジェクトとは何か。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の秋季アップデートが迫る中、Microsoftから幾つか新しいトピックが入ってきたので、まとめて紹介しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

東京ディズニーリゾートで連日行列を作っているキャラクターグリーディング。こうしたキャラとの触れ合いをMRで楽しめる「魔法のベンチ」が開発された。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

機能を絞り込んだ教育市場向けの「Windows 10 S」に続き、今度は機能を拡張したワークステーション向けの「Windows 10 Pro for Workstations」が登場する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年10月は「Surface Studio」を発表した米Microsoft。2017年10月にも新製品を発表するか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

個人、法人を問わず、Surfaceを使い続けたいユーザーに向けたプログラムが米国で始まった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

iPadでもSurfaceと同じようなMicrosoft製キーボードが使えるようになる?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Flash Playerのアップデートと提供が2020年末に終了となる。WindowsプラットフォームにおけるFlash技術とそのコンテンツ、対応サービスについて、今後の動向と対策をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年秋に配信が始まるWindows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」の開発もいよいよ大詰め。ここへ来てサポートポリシーに関する変更も出てきた。【更新】

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

それ自体がWindows 10搭載マシンでもあるMicrosoftの高性能なMR HMD「HoloLens」。次世代モデルはディープラーニング処理までHMD側で行えるようになる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年秋に配信される予定のWindows 10次期大型アップデートと言えば「Fall Creators Update」だが、季節の秋を「Fall」ではなく「Autumn」と呼ぶ地域ではどう紹介されているのか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Officeファイルのみ対応していたOneDriveのバージョン履歴機能が、あらゆるファイルに拡張された。写真や動画の編集でうっかり誤って上書き保存してしまったファイルも過去バージョンにさかのぼって復元できる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windowsファミリーに加わった新エディション「Windows 10 S」。基本的には教育機関向けという立ち位置だが、特定のビジネス用途も狙っているようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

意図しないWindows Updateの実行と再起動で作業を邪魔された経験がある方は少なくないだろう。次期大型アップデートでは、Windows Updateのストレスが減るかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

スマホの高精度なナビ機能が屋内や地下でも使えたらいいのに……。そんな要望をシンプルな方法で解決する実験的なアプリをMicrosoftが提供している。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

最新版にアップデートすることでサポートも継続できるというWindows 10のWaaS(Windows as a Service)モデルだが、古いハードウェアは徐々に対応ができなくなっていく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

安価なWindows 8/8.1タブレットを購入して使い続けているユーザーは、Windows 10の大型アップデート「Creators Update」を導入できない場合があるので注意が必要だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

クラウド事業により注力する組織改編に伴い、数千人規模の人員削減を行うMicrosoft。これに加えて、開発・製造拠点の統廃合も進めている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftのモバイルOS「Windows Phone 8.1」がサポート終了となった。サポートを継続するには、Windows 10 Mobileに乗り換えるしかないが……。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが開発しているとウワサの(Windows 10 Mobileではない)新しいモバイル向けソフトウェアとハードウェア。その新情報が入ってきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが2017年秋に配信する予定のWindows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」。当初予告していたが間に合わなそうな機能、予告はしていなかったが追加されそうな機能が出てきている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Microsoft 365」という名前からMicrosoftの本気が伝わってくる新サービスが発表された。同社はクラウドとサブスクリプションモデルでWindowsの世界を今後どう描こうとしているのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

世界的に猛威を振るったランサムウェアのWannaCryに感染したPCは、ほとんどがWindows 7搭載機だった。結果として、セキュリティが強化されたWindows 10の注目度は高まりつつあるようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

既存のデスクトップアプリを自由にインストールできない「Windows 10 S」は、その代わりとしてセキュリティに優れるという。どれくらいセキュアなOSなのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftとQualcommが開発を進める「Windows 10 on Snapdragon」の実力、そしてIntelも関係するWindows 10の新モバイルPCコンセプト「Always Connected PC」とは何か?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftとQualcommが2017年第4四半期に「Snapdragon 835搭載のWindows 10デバイス」を投入すると予告した一方で、Intelは特許侵害の可能性を指摘している。蜜月関係にあったMicrosoftとIntelだが、本件で対立を深めることになるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Windows 10 S」は始まりにすぎなかった? 今度はWindows 10のワークステーション級マシン向けエディションをMicrosoftが開発中、とのウワサが聞こえてきている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Mobileのリベンジを果たすべく、Microsoftが新しいモバイル向けソフトウェアとハードウェアを開発中とのウワサがささやかれ始めている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Surface Pro」「Surface Studio」「Surface Laptop」の国内発表を一気に行った日本マイクロソフト。米Microsoft本社から来日したSurface担当者にさまざまな疑問をぶつけてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Desktop Bridge」を使って既存のデスクトップアプリケーションから変換された「UWP」アプリがWindowsストアに登場しているが、この変換ツールの目的は当初から変わっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10世代の新しい標準Webブラウザとして登場した「Edge」だが、度重なるアップデートにもかかわらず、シェアでは苦戦している状況だ。Chromeに対抗するための次の一手とは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PC以外でWindows OSが強みを発揮しているのが、KIOSKやサイネージ、POSといった特定業務向け端末の世界だ。しかし、この市場でも変化が起きつつある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

年次開発者会議の「Build 2017」を直前に控えたMicrosoftだが、ハードウェア新製品の目玉は5月23日に上海で行うイベントまで取っておくつもりかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

今後はWindows 10とOffice 365のアップデートサイクルが3月と9月の年2回に固定される。それに伴いサポート期間も変更となるが、ユーザーにはどのような影響を与えるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftの2017年1〜3月期決算は、Office 365とAzureの好調を受けて増収増益。新モデルの投入が遅れているSurfaceの売上高は26%減だった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Cloud(仮称)にARM版のWindows 10。2017年のWindowsデバイスはこれまでと違った展開になりそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

教育分野向けに米Microsoftが5月2日に行う発表会。登場がうわさされる「Chromebook対抗の新Windowsデバイス」について、おぼろげながらスペックが見えてきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

教育分野向けに米Microsoftが5月2日に行う発表会では、新しいWindows OSとそれを載せた新型Surfaceが登場するとうわさされている。この新機種だが、実はもう1つ秘密が隠されているかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

教育分野で台頭する「Chromebook」対抗の新しいWindowsデバイスが、5月2日にMicrosoftから発表されるのではないか――そんなウワサが出てきている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10でおなじみの音声対応アシスタント「Cortana」を搭載したスマートホーム向けデバイスは、近いうちに登場することになりそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは「Windows 10 Creators Update」の公開直前に次期大型アップデートとなる「Redstone 3」のユーザーテストを開始。ビジネス向けのWindows Insider Programも新設した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

いよいよ一般ユーザー向けの配信が始まる「Windows 10 Creators Update」。主な変更点をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10搭載PCだけでなく、Windows 10 Mobile搭載スマートフォンにも順次提供される予定の大型アップデート「Creators Update」だが、これに対応しない製品が出てくるというウワサがちょっとした話題になっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

外国語を勉強しなくてもいい未来はすぐそこ……というわけにはいかないが、Microsoftの進化したリアルタイム機械翻訳サービスはSFの世界に一歩近づいたかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年12月にARM版Windows 10の開発表明を行ったMicrosoftだが、今度はARM版のWindows Serverを開発していると発表し、注目を集めている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

シンプルなクラムシェルノートPCになるとのウワサが出ている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは予告通り、新世代プロセッサの対応OSをWindows 10に絞りつつある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

既に稼働数が少ないWindows Vistaだが、サポート期限が来月に迫っており、同OSのユーザーは注意が必要だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

なぜ2000年代にオープンソース化を大胆に進めたミュンヘンは、今になってWindows 10へ移行しようとしているのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年後半には、低価格のHMDをWindows PCにつないでMR(複合現実)の体験が楽しめるようになる見通しだ。3月中にはその開発キットが提供される。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」では、単に新機能が追加されるだけでなく、アプリのインストールやWindows Updateの設定など基本的な部分にも手が加えられる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Creators Updateも気になるが、Microsoftのハードウェアも気になるところだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

次々回のWindows 10大型アップデート「RS3」は、開発が本格的にスタートしたようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MacにはPages、Numbers、KeynoteといったApple純正アプリケーションがあるが、業務ではOffice for Macを利用しているケースも少なくないだろう。新MacBook Proの「Touch Bar」でOfficeのさまざまな機能が使えるようになったので、実際に試してみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の月例セキュリティパッチやサポート期限についてイレギュラーな対応が続いている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

プレビュー版の新機能ラッシュはほぼ収束し、「Creators Update」の開発は最終段階に入ったと言える。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

まだWindows 7がメインOSというユーザーも少なくないだろうが、先進国ではWindows 10が多数派になりつつある状況だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年はWindows 10が大きな転機を迎えるかもしれない。キーワードとなる「Project NEON」と「Windows 10 Cloud」の最新動向を追う。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年の年明けから更新が続く「Windows 10 Insider Preview」だが、水面下ではMicrosoftの新プロジェクトが動き出しているようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「WaaS(Windows as a Service)」を掲げるMicrosoftは、ついにクラウド版Windows 10の投入に踏み切るのか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Surface Studio」の日本上陸が待たれるところだが、「Surface Book 2」と「Surface Pro 5」が登場する兆しも見え始めてきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windowsストアの戦いは続く……。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoft純正スマートフォン「Lumia」の販売終了が続く中、米特許商標庁に登録された新たなデバイスの姿が話題となっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

今春に配信予定のWindows 10次期大型アップデート「Creators Update」。Microsoftはその完成度を高めるべく、年明けから開発プレビュー版をハイペースで更新している。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年から2017年の年末年始に入って来たWindows 10アップデートに関する注目の情報をまとめて紹介しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ポストPCが叫ばれて久しいが、スマホ需要も一巡し、パーソナルコンピューティングの世界はその先へ進もうとしている。2017年にMicrosoftとWindowsが進む道を考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

世間を騒がせたWindows 10アップグレード誘導策、新たな可能性を示した「Surface Studio」や「Windows Holographic」など、話題が多かった2016年のMicrosoftを振り返る。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

新型MacBook ProはTouch IDおよびApple Payに対応したが、Windows PCでも同様の取り組みが進んでいる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windowsデバイスを音声で操作したり、自動翻訳機能を強化したり、Microsoftはより簡単にコンピュータを利用し、テクノロジーを活用できる仕組みを整えようとしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本にはない米Microsoft直営店をクリスマスシーズンに訪ねてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2017年春に予定されているWindows 10の次期大型アップデート「Creators Update」に伴い、いよいよPCのカタチが変わろうとする予兆がある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Mobileの不調が伝えられる中、Qualcommの次世代SnapdragonプロセッサがPC向けWindows 10の動作をサポートすることが明らかになった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

アプリの充実度に課題がある「Windows 10 Mobile」。ついに、Windows 10世代のユニバーサルアプリではなく、既存のPC向けx86アプリをエミュレーションで動作させる計画のウワサが出てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

3D機能の強化が目を引くWindows 10の次期大型アップデート「Creators Update」。更新プログラムの適用をよりスムーズに行える機能も搭載する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

28型大画面の「Surface Studio」はすぐ日本でも発売……とはいかないようだ。米Microsoft Storeでは展示が始まったので、早速実機を触ってきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

何やらキーボードが面白いことになっている新しい「MacBook Pro」。斬新な「Touch Bar」は、Boot CampなどでWindowsを使う際に動作するのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

うわさのオールインワン型Surfaceは、高画質の28型ディスプレイを備えて「Surface Studio」の名前で登場。周辺機器の「Surface Dial」にも注目だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは「Anniverdary Update」に続くWindows 10の次期大型アップデートを「Creators Update」と名付けた。名前の通り、クリエイティブな機能強化を行う。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Windows 10の次」を掲げたMicrosoftの発表会は、日本時間の10月26日午後11時にスタート。一体何が飛び出すのか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本以外でいまいち盛り上がっていない「Windows 10 Mobile」。iOSとAndroidの壁は厚いが、ビジネスユース向けに機能強化やサポートは続けていく方針だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

10月26日の米Microsoft発表会では、どうやらオールインワン型の新しいSurfaceが出てくるらしい。では、Surface ProとSurface Bookのアップデートはないのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ついに「iMac対抗Surface」がベールを脱ぐか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

更新プログラム「KB3194496」で障害が発生するという一部のWindows 10 Anniversary Updateユーザーに対し、Microsoftは問題解決のためのスクリプトを配布した。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

うわさの「オールインワン型Surface」向けと思われる新しいBluetoothキーボードの写真がFCCのWebサイトに現れた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10、クラウドサービス、Adobeとの提携、そしてAI技術――Microsoftの未来が語られたイベント「Ignite 2016」を現地レポート。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

公開直後の不具合が話題となったAnniversary Updateだが、今度は累積的アップデートの配信で新たなトラブルを巻き起こしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

旧来のPC用デスクトップアプリをWindows 10世代のUWPアプリに変換し、Windowsストアを活性化させる試みは、Anniversary Updateの公開に伴い一歩前進している。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

8月2日の公開直後にフリーズ問題が発生したWindows 10の1周年記念アップデート「Anniversary Update」。企業向けの固定環境を想定した「安定版」配信のタイムリミットは迫っている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 7/8.1ユーザーを悩ませ続けた「Windows 10を入手する(GWX)」アプリが、9月後半の更新プログラムでひっそりと削除された。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftは昨年同様、2016年も10月にハードウェア新製品発表会を開催するようだ。そこでは全く新しい「iMac対抗Surface」の登場が期待されている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の1周年記念アップデートが配信されて1カ月が過ぎようとしているが、導入しているユーザーはそれほど多くないようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

なりふり構わないOS移行策で世間を騒がせたWindows 10。無料アップグレード期間が終わり、OSシェアはどれくらい伸びたのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年8月2日に大型アップデートが配信されたばかりのWindows 10だが、早くも次回と次々回の更新計画について情報が出始めている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本ではサードパーティー製品の元気がいい「Windows 10 Mobileスマホ」だが、世界的には苦戦が続いている。MicrosoftはWindows 10 Mobileを諦めてしまうのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年7月29日にWindows 10の無料アップグレードキャンペーンは終了したはずだったが……。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

多数の機能が追加されたWindows 10の「Anniversary Update」は、一般ユーザーだけでなく、アプリ開発者にとっても見逃せないアップデートとなった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

8月2日に一般公開されるWindows 10の大規模アップデート「Anniversary Update」を控え、Microsoftからは「次のマイルストーン」の情報が出てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update(1607)」は、2016年8月2日に一般公開されるが、全てのユーザーが同時に入手できるわけではない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

無料アップグレード期限が7月29日に迫った「Windows 10」。今後は企業導入が普及の鍵となるが、ついに月額7ドルからのサブスクリプションモデルが発表された。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

あまり関係ないかと思いきや、Microsoftにも出版不況のあおりか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の無料アップグレード期限まであと1週間。アップグレード方法と旧OSに戻す方法、そしてそこからクリーンインストールを行う方法までまとめて解説する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」が2016年8月2日に公開される。開発プレビュー版は細かい更新をギリギリまで重ね、不具合をつぶしている状態だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年7月29日の無料アップグレード期限が迫り、Windows 7/8.1からWindows 10に移行すべきか悩んでいるならば、ひとまずアップグレードしてしまうのも手だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年8月2日に公開される予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」。開発プレビュー版からはウオーターマークが消え、いよいよ完成(昔で言うところのRTM)を迎えそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年はまだ「Surface」の新モデルが発表されていない状況だが、ここへ来てiMac対抗のデスクトップ機を出してくるというウワサが出てきた。そのヒントは米Microsoftが申請中の特許にあった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

こうした特典なら、好んでWindows 10にアップグレードしたいというファンを増やすことができたかも?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期間内に間に合うかと思いきや、その直後となる8月2日に次期大型アップデート「Anniversary Update」は公開される。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

旧OS環境を使い続けたいユーザーにとって厄介な「Windows 10を入手する(Get Windows 10)」アプリ。Windows 10へのアップグレード予約を自動で行い、キャンセルしづらいことが問題視されているが、次回のWindows Updateではついに改善される。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

自作PCなどでハードウェアの構成を変えることが多いユーザーに朗報。Windows 10の次期大型アップデートでは、構成変更に伴うライセンス認証の問題が改善される。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Atom搭載の10.8型Windowsタブレット「Surface 3」が2016年内に生産終了となる。いまだ後継機の姿が見えない状態だが、今後Surfaceシリーズはどうなるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

強引な無料アップグレード施策が物議を醸す「Windows 10」。今夏に控えた大型アップデート「Anniversary Update」でOSとしての完成度、評価は高まるだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

スマホ選びで基準の1つとなる「おサイフケータイ」対応。Windows 10 Mobileスマホも次期大型アップデートでタッチ&ペイの決済機能が加わるかもしれない(日本の対応時期も気になるところだが)。 ※記事末に追記あり

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

世界で4億人以上の会員を抱えるビジネスSNS「LinkedIn」がMicrosoftのサービスとなる。約2.8兆円というMicrosoft史上最高額の買収は、その価値に見合うものなのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

タダだからといって、ユーザーが望まない新OSへの移行を強引に進めてもいいのか。MicrosoftのWindows 10無料アップグレード推進策は、同社の信頼性を損ねる危険もはらんでいる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoft Officeは集積された膨大なデータの活用でより賢く進化し、それを他のアプリと組み合わせることで、さまざまな応用が効くようになる。例えば、スタバのアプリとOutlookが連携すると何が起こるのか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

来月に迫ったWindows 10無料アップグレード期限。無料のうちにWindows 10にアップグレードすべきなのか。まだ導入していないユーザー向けに注意点をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「突然インストールが始まって困った」と批判の声も多いWindows 10の強引な無料アップグレード推進策。Windows 7/8.1搭載PCは、無料のうちにWindows 10を導入すべきなのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

まさかとは思うが、Windows 10 Mobileのライセンス要件変更は全く新しいSurfaceをもたらすかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

フィーチャーフォン事業の売却を発表した米Microsoft。この売却は同社のスマートフォン事業にも影響を与えるのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PC向けWebブラウザで長年シェア1位を守ってきた「IE」だが、ついにその王座を「Chrome」に明け渡した。「Edge」は微増しているが、その影響力はまだ小さい。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Intelはスマートフォン/タブレット向けの次期Atomプロセッサをキャンセルすると発表。同社の戦略変更は、Windowsデバイス市場にも大きな影響を与えそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

かつては「WindowsとOfficeの会社」と呼ばれたMicrosoftだが、それも過去の話となりつつある。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftを筆頭に、FacebookやLINEからも続々と「会話Bot」の開発環境が発表され、今後の盛り上がりを予感させる。Microsoftが発表したBot開発の仕組みを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2016年夏に提供予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」では、Edgeブラウザの機能強化が予告されている。その中から「Flashコンテンツ停止」について見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

プラットフォーム依存から脱する戦略を次々と発表しているMicrosoft。開発者会議で明かされた「Project Rome」では、OSの異なる複数デバイスをまたいだ1つのシームレスなユーザー体験を実現しようとしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」が「Bash」をサポートすることとなった。プレビュー版を試しつつ、Bash対応の背景を探る。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
Build 2016:

2016年も始まった米Microsoftの開発者会議「Build」。幅広いPCユーザーに関係するWindows 10次期大型アップデートとUWPアプリの今後について新情報が次々と発表された。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本マイクロソフトは、Windows Insider Program参加者向けの国内イベント「Windows Insider Meetup in Japan」を東京と大阪で開催する。そこには、日本のユーザーからより多くのフィードバックを得たいという願いが込められている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoft開発者会議「Build 2016」は間もなく開催。会場前の盛り上がりとイベントの見どころをお伝えする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の標準ブラウザ「Edge」を強化する拡張機能「Extensions」が、Windows 10プレビュー版に加わっている。まだ開発中の段階だが、実際に試してみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

AndroidアプリをWindows 10 Mobileへ簡単に移植できるというツールキットの開発を中止したMicrosoft。出遅れているWindowsストアのアプリ拡充をどうするのか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが度々予告してきた「Extensions for Edge」をサポートした最新のWindows 10 Insider Previewが、間もなくWindows Insider ProgramのFast Ringユーザー向けに配信される見込みだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

少し気が早いが、2016年の年末公開と予想されていた次々回のWindows 10大型アップデート「RS2」が、翌年の春までずれ込むのではないか、というウワサを紹介しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本を含む一部地域では各社のWindows 10 Mobile搭載機が出そろい、Windowsスマートフォンがちょっとした盛り上がりを見せている。このブームは長く続かないことも予想されるが、今後Windows 10 Mobileはどこを目指していくのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

iOSやAndroidの人気アプリをWindows 10 Mobileに取り込みたいMicrosoft。自前でアプリ移植ツールキットの準備を進めていたが、残念ながらAndroid版は開発が中止となった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftはユーザーのさらなるWindows 10エコシステムへの参加を促すべく、開発者向けの「Windows Insider Program」に、新しい更新設定「Release Preview」を追加した。その狙いとは何か。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

人気のiOSアプリをWindows 10に取り込むため、Microsoftは移植が容易に行えるツールを用意した。その成果はまだこれからだが、YouTubeではiOS用ゲームを5分でWindows 10世代のUWPアプリに変換する動画が公開され、ちょっとした話題となっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本上陸を果たした「Surface Book」。国内での予約状況は、最上位機の人気が最も高く、ハイエンドユーザーほど飛びつく傾向がみられるという。実機のインプレッションを交えつつ、その市場性を考える。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftがWindows 10とともに投入した新ブラウザ「Edge」。課題だった「IE固有機能の分離」と「Web標準へのさらなる準拠」は2015年で一段落し、2016年は攻めに転じようとしている。その鍵となる拡張機能は、間もなく提供されそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

今後Windows 7/8.1でWindows Updateを自動更新に設定していると、知らない間にWindows 10へのアップグレード用プログラムが導入されるようになる。Windows 10のインストール自体はキャンセルできるが、注意が必要だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

WindowsはPCだけでなく、街頭や店舗内に設置されるキオスク端末、会計に使うPOS端末にも導入されている。こうした機器からの情報流出は個人では防ぎようがないが、セキュリティ対策はどうなっているのだろうか。米国の最新動向をお届けする。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

特にWindows 10 Mobileのアプリ増強策として期待されているMicrosoftの「Windows Bridge」プロジェクトだが、当初の計画より遅れが目立ってきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10 Mobileで「意図しないデータ通信料が発生する」というトラブルがネット上で報告されている。その内容と対処方法を紹介しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10開発プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」のビルド番号が「11102」から「14251」に跳ね上がった。新機能がないにも関わらず、ビルド番号が大きく進んだのはなぜだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftがニューヨーク5番街に旗艦店をオープン。そこでしか体験できないハードウェアも展示してあるとのことで、実際に店舗をじっくり見てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

次期大型アップデートとなる「Redstone」に向けて、年末年始にWindows 10 Insider Previewを2回更新したMicrosoft。Windows 10 Mobileも含め、最新動向を見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10への移行を強く推し進めようとするMicrosoft。今度は新型プロセッサのサポート対象OSをWindows 10に絞り込むことで、その普及を半ば強制的に促す構えだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

1月13日、Windows 8とIEの旧バージョンにおけるサポートが終了した。これらの意味するところと、実際の影響について考える。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PCおよびスマートフォン市場に大きな変化が訪れそうな2016年。その鍵を握るMicrosoftで注目したい5つのトピックを選んでみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windowsを中心として、Microsoftの最新動向を追い続けている本連載。今回は年末らしく2015年に登場したWindows 10と、それに関連する重要なトピックを考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

米Microsoftが年次開発者会議「Build 2016」の日程を発表。2016年3月の開催時には、Mixed Reality対応ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」が注目を集めそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

MicrosoftはWindows 10で標準のWebブラウザを「Internet Explorer」から「Edge」に切り替えたが、新アプリゆえに課題は少なくない。今後のEdgeはどうなるのだろうか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「OneDrive」の容量削減に批判が殺到。これを受けて、Microsoftは無料サービスユーザーに提供する15GBのストレージと15GBのカメラロールサービスを維持することとした。ただし、維持するには2016年1月31日までに手続きが必要だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

先代から着実な進化を遂げた「Surface Pro 4」は、プライベートのモバイルシーンでどれだけ役立つのか? 今回はハイキングにも持ち出して、その実力をチェックした。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Surface Pro 4」は、Windows 10の新機能「Windows Hello」に対応したインカメラを内蔵している。手軽なサインインと強固なセキュリティが両立できるというWindows Helloの実力を探っていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

デザインにこだわったWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「NuAns NEO」が注目を集めているが、機能面でのポイントは「Continuum for Phones」に対応するかどうかだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Apple PayやAndroid Payなど、モバイル決済サービスの競争が激化しつつある中、MicrosoftもWindows 10 Mobile搭載スマホを武器に、この市場へ参入しようとしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

期待されたWindows 10初の大型アップデート「Windows 10 November Update」だが、公開後の対応を巡って混乱が生じることとなった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ついに一般公開されたWindows 10初の大型アップデート「November Update」はもう適用しただろうか? その注意点と特徴を整理する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「TH2」と呼ばれていた大型アップデートが公開されたばかりのWindows 10。早くも“その次”となる大型アップデート「Redstone」のウワサが出てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

ついに日本でも販売が開始された「Surface Pro 4」。スペック表では分からない隠れた注目ポイントとは?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 7/8.1をあえて使い続けているユーザーは、今後Windows 10へのアップグレード手順が変わることを覚えておきたい。そうしないと「知らないうちに、Windows 10へのアップグレードが始まった(キャンセル可能)」という事態に見舞われるかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

有料で容量無制限から1Tバイトへ、無料で15Gバイト(写真も含めると30Gバイト)から5Gバイトへ――「OneDrive」のプラン変更は残念だが対応するしかない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

7月29日の一般公開から約3カ月が過ぎた「Windows 10」。この秋冬には早くも初めての大型アップデートとなる「TH2」が提供される見込みだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Surface Pro 4」と「Surface Book」の米国販売が始まり、Microsoftのハードウェア製品に注目が高まっている。ところで、前々からウワサになっていた「Surface Mini」はどうなったのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本での販売はまだ先だが、米国で「Surface Book」が無事に発売された。発売日に現地のMicrosoft Store店舗を訪ね、Surface Bookの販売状況を聞いた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「MacBook Pro」に対抗意識を燃やすMicrosoftの「Surface Book」だが、OEMパートナーのWindows PCからもシェアを奪ってしまうのではないかとの懸念も耳にする。米MicrosoftのOEM担当者に直接こうした疑問を聞いた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

一足先に米国で発表された「Surface Pro 4」と「Surface Book」。日本での発表会が直前迫っている中、これら2製品の国内販売について予想する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

当初の予定からやや遅れての投入となりそうな「Windows 10 Mobile」。そのリリース時期は一部端末のプリインストールを除き、12月以降になりそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

スマートフォン、タブレット、そしてノートPCも、USB規格の進化でより便利に変わろうとしている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

唐突に登場した「Surface Book」は、同時発表の「Surface Pro 4」や従来のSurfaceシリーズとは異なるインパクトをPC市場に与えそうだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

10月6日午後11時(日本時間)に米ニューヨークで開催されるMicrosoftの「Windows 10搭載デバイス」発表会。同社は3つのスマートフォンカテゴリに3モデルのLumia新製品を投入するようだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PC版が先行していたWindows 10だが、本命はむしろスマートフォン/小型タブレット用の「Windows 10 Mobile」とも言われている。その搭載デバイスの全貌が見えてきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

いよいよ5日後に迫った米MicrosoftのWindows 10搭載デバイス発表イベント。そこで登場するとみられる「Surface Pro 4」に関する情報をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftはオフィススイート最新版「Office 2016」の提供を開始した。いわゆるデスクトップ向けOfficeの最新版だが、サブスクリプションサービス「Office 365」の利用が前提となっており、単独販売は徐々に減っていくとみられる。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Windows 10 Insider Preview」では、正式版より“少し未来のWindows”をいち早く試せる。新ビルドで追加された日本語版「Cortana」を使ってみると、悩ましい日本語処理の問題も出てきた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

日本語対応が待たれるWindows 10の音声対応パーソナルアシスタント機能「Cortana」。米国でAndroid版のパブリックβテストが始まったので、早速インストールしてみた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

公開されてから1カ月が過ぎようとしている「Windows 10」。今秋には早くもメジャーアップデートが提供されるかもしれない。同時期に投入される見込みのハードウェア新モデルにも注目だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

人気のiOSアプリやAndroidアプリをWindows 10に取り込むため、Microsoftが仕掛けたプロジェクトはどうなっているのか? 現状と今後の動きを整理しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Windows 10」の公開から2週間が過ぎようとしている。その間、一般ユーザー向けに累積的なアップデートの提供や、脇を固める純正アプリの充実化が行われた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

待ちに待った「Windows 10」無料アップグレードの提供開始。しかし、7月29日からのアップグレード対象マシンの挙動は予想外のものだった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10リリース日の米Microsoft本社キャンパスを現地リポート。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」が待望の日本語対応へ。Cortanaによって、Windows 10の操作がどのように変わるのかを掘り下げていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 7/8.1からの無料アップグレードが優先して実施される「Windows 10」。公式発表がいまだにないパッケージ版、DSP版、搭載PCの発売はどうなるのか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

かつて新しいWindowsが発売される数カ月前には、開発完了およびRTM(Release To Manufacturing)の発表が行われたものだった。しかし、Windows 10ではRTMの発表がないどころか、その概念も変わっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

いよいよ7月29日に「Windows 10」が公開されるが、今からオンラインで予約しておかないと、最速のタイミングで無料アップグレードは行えないかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10がようやく公開日を迎えようとする中、Microsoftが北京に構える研究施設「Microsoft Research Asia」では、その先にある未来を描こうとしていた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows公式ブログの投稿に端を発した「Windows XPやVistaからもプレビュー版経由でWindows 10製品版にアップグレードできるかもしれない」という誤解は、投稿者の謝罪を招く結果となった。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PCとスマホで同一アプリを利用、スマホに外部ディスプレイ+キーボード+マウスをつないでデスクトップPC的に作業、外部ストレージにアプリ導入など、ユーザーの利便性を高めるWindows 10世代のアプリ基盤「UWP」は、どのような仕組みなのだろうか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

既存のWindows 7/8.1ユーザーに対して、Windows 10をリリース開始から1年間は無料で提供することに決めたMicrosoft。新OSの発売に先駆けて無料アップグレードを行う狙いはどこにあるのだろうか? また、搭載PCはいつ発売されるのだろうか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

マウスコンピューターが受注を開始したスマートフォン「MADOSMA」を皮切りに、Windows Phoneが再び日本でも利用可能になる。現状でのOSはWindows Phone 8.1 Updateだが、肝心の「Windows 10 Mobile」にはいつアップグレードができるのだろうか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

PCやタブレット、スマホ向けの次期OSとして注目されている「Windows 10」。しかし、陰の主役とも言える「Windows 10 IoT(Internet of Things)」はあまり知られていない。現在明らかになっている情報をまとめよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

次期OSの「Windows 10」は、Webアプリケーションや従来型デスクトップアプリケーションも新しい共通アプリ実行基盤「UWP」に取り込もうとしている。これらは現状のWindowsでも動作するアプリだが、Windows 10世代でどのように変えようというのか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftが開発者会議「Build 2015」で発表した内容は、企業とクラウド、アプリ開発に関するものが中心だが、PC USER的に重要と思われるポイントをまとめつつ、見えてきたWindows 10の最新トレンドについて考察しよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Microsoftの開発者会議「Build 2015」が米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される。基調講演では、Windows 10やOffice 365などの最新情報が明らかになる見込みだ。その注目ポイントをチェックしていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「USB-C」の採用により、未来を少し先取りした感のある「新しいMacBook」。この新インタフェースで今後のWindows PCやスマートデバイスはどう変わるのだろうか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 8/8.1のWindowsストアは競合と比べて盛り上がりに欠けるが、Windows 10世代では「ユニバーサルアプリ」によって巻き返すかもしれない。その最新事情をアプリ開発側の視点も交えつつお届けしよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の新しい標準ブラウザとなる「Project Spartan」(開発コード名)が、ついにTechnical Previewに搭載された。現状でどこまで使えるのかチェックしていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10のリリースに向けて国内でも期待が高まっているWindows Phone端末。日本再上陸を前に、PC版Windows 10との違い、対応するハードウェア要件、そしてどのようなスマートフォンが出てくるのか、Microsoftが公開した最新情報を整理し、考察していく。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

海賊版でもアップグレード可能? Linuxのインストールが難しくなる? 7型デバイスでもPC版を使える? そんなWindows 10のアップグレードと最低システム要件における注意点をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10には2つのWebブラウザが用意され、いずれも2つのレンダリングエンジンを搭載するという方針が変更になり、ブラウザとレンダリングエンジンの関係が明確になった。それは20年続いたIEの歴史がついに終わることを意味しているのかもしれない。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

今年後半の提供と言われていたWindows 10だが、意外に早くユーザーの手に届きそうだ。ここ1週間で明らかになったWindows 10の最新情報から注目のトピックをまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10世代のスマートデバイスやPCでは、より高速で高機能化したUSB規格「USB 3.1」をサポートしていく見込みだ。USB 3.1によって使い勝手がどう変わるのか、現状での情報をまとめた。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「Windows 10」とひとくちに言っても、PCや8型以上のタブレット、8型未満のタブレットやスマートフォン、IoTデバイスでは中身が異なる。特に小型タブレットでは注意が必要だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

今年後半に発売される予定のWindows 10で大きなトピックの1つが、新Webブラウザ「Project Spartan」(開発コード名)の存在だ。Internet Explorerとともに搭載されるという、この新ブラウザとはどのようなものなのだろうか?

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

発売後1年間はWindows 7/8.1から無料でアップデートできることが明らかになり、注目度が急速に高まりつつある「Windows 10」。そのTechnical Preview最新版(Build 9926)が公開された。待望の日本語版が登場し、新機能も多数加わっている。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

2015年1月13日(米国時間)、Windows 7の「メインストリームサポート」が終了した。以後は2020年1月14日まで「延長サポート」の期間となる。今回のメインストリームサポート終了は、どのような意味を持つのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

次期OS「Windows 10」では、Internet Explorerと違う新開発のブラウザが搭載されるとウワサになっている。Microsoftは長年築き上げたIEをどうするつもりなのだろうか。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

新CEOによる革新が目を引いた2014年のMicrosoft。この1年を振り返りつつ、2015年に向けたMicrosoftとWindowsの情報を整理する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

年末商戦まっただ中。「ゼロ円Windows戦略」で追い上げを図るMicrosoftだが、米国ではついに59.99ドルの7型Windowsタブレットが登場した。Windowsを一部で無料化して、Microsoftは何で収益を上げていくのか、同社の新しい戦略を追う。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 10の開発早期β版「Windows 10 Technical Preview」が2度目のアップデートを行った。その改善点と問題点をまとめてチェックしていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

iPad活用の幅をさらに広げる「Office for iPad」がようやく日本でも解禁された。無料でOffice文書の閲覧や編集が行えることに加えて、Office 365のユーザーはプレミアムな編集機能も利用できる。ただし、PC版のOfficeと機能差がある点は覚えておきたい。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Office 365ユーザーを対象にしたOneDriveの容量無制限化、Dropboxとの連携、.NETオープンソース化、そしてエンタープライズ市場でのさまざまな戦略的提携など、新CEOのもと派手な動きが目立ってきたMicrosoftの動向を追う。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

「デスクトップの復権」と評されるWindows 10。地味ながら象徴的なのが、Technical Previewに見られるコマンドプロンプトの使い勝手向上だ。拡張されたキーボードショートカットを中心に、新しいコマンドプロンプトを見ていこう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

デスクトップUIの操作性が向上した「Windows 10 Technical Preview」。マウスで使いやすいのはもちろんだが、キーボードショートカットを覚えれば、新機能がより快適になること間違いなしだ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

公開から3週間足らずで初のアップデートを行った「Windows 10 Technical Preview」。最新の「Build 9860」では多数の改善点といくつかの新機能が備わったが、これまでのWindowsプレビュー版と比べて、アップデートの方法や頻度が変わっている点にも注目だ。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

予想外の名称とともに話題となった「Windows 10」。その初期β版である「Windows 10 Technical Preview」が配布中だ。今回は「Surface Pro」と「仮想マシン」、2つの方法でインストールして試してみよう。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

Windows 9、Windows TH、Windows One……、さまざまな予想がネットで飛び交った次期Windows OSの名称は、意外にも「Windows 10」だった。米Microsoftの発表内容に関するいくつかの疑問を整理し、考察する。

【鈴木淳也(Junya Suzuki) , ITmedia】()